« ディスプレイ広告とリスティング広告の両方を使う業種と片方のみを使う業種 | メイン | Googleのおかげで葛飾北斎生誕250周年記念日に北斎のお墓をお参りできました »

2010年10月27日 (水)

ソーシャルメディア上の評判分析ツール Communication Explorer を発表しました

Communication explorer  本日、弊社(株)クライテリア・コミュニケーションズより、”ソーシャルメディア上の評判分析ツール「Communication Explorer」のサービス開始について”というプレスリリースを行いました。今朝の日経産業新聞朝刊に出ていました「SNSの書き込み自社評判 文章から詳細に分析」という記事が、このプレスに対応します。
 Communication Explorer は、Twitter等のソーシャルメディアに書かれた文章をリアルタイムに評判分析するサービスです。類似のツールと違い、文章の「意味解析技術」により「感性」や「意図」等を把握できるため、生活者の生の声やブランドに対する意識などの「評判」を、すばやく容易に入手可能です。また、顔文字やギャル文字などにも対応できており、適用範囲が広い実用的なものです。
 明日から2日間開催されます『ad:tech tokyo 2010』の展示ブース「42」にて、Twitterに書き込まれたハッシュタグ"#adtechtokyo"付きの書き込み等を、リアルタイムで評判分析しておりますので、是非展示ブースの方へお立ち寄り下さい。

<おまけ>
 明日5:40pm-6:30pmに、同じく『ad:tech tokyo 2010』のカンファレンス(トラックD)におきまして、「次世代アドソリューション~アドネットワークを利用した見込み客/顧客とのコミュニケーション手法新潮流~」というセッションで、広屋がパネラーとして登壇しておりますので、アドネットワーク/アドテクノロジーにご興味のある方は、こちらの方にも是非お来し下さい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/604059/31297455

ソーシャルメディア上の評判分析ツール Communication Explorer を発表しましたを参照しているブログ:

» いいねボタンによる「Webサイトのソーシャル化」~mixiチェックとFacebook Likeボタン (デジタルな広告たち)
mixiも洗練されたTVCMを始めたなぁと思っている人も多いと思いますが、そこで訴求ポイントとして取り上げている「mixiチェック」は、日本における「Webサイトのソーシャライズ」「インターネット広告のソーシャライズ」を本格的に加速させ、国内における「基本トラフィック誘導のトレンド変化」を引き起こすものになりそうな予感がします。 ... [続きを読む]

フォトアルバム