« 「ねむり時間計」1ヶ月ほど使い睡眠時間が10分ほど伸びました | メイン | 同志社大学理工学部で「インターネット広告ビジネス」の講演をしてきました »

2013年11月 4日 (月)

LEAP Motion × Google Earth で東京上空を遊覧飛行できるようになりました

Leap_motion_hardware_2

1月ほど前に購入した 空中ジェスチャ操作デバイス「LEAP Motion」ですが、ちょこちょこ使っている間にずいぶんと慣れてきました。LEAP Motion のアプリはいろいろありますが、Google Earth のためだけに購入しても十分価値があると思うぐらい、この組合せはお気に入りです。

 下記の映像は、隅田川を日本橋あたりから東京湾に向かって下り、中央卸市場~浜離宮あたりで汐留方面を眺め、自分のオフィスのあるイタリア街を通り抜けて、東京タワーのてっぺんまで行き、そこで右旋回しながら皇居へ下りていき、最後は東京駅丸の内中央にまっしぐらというコースです。自分に翼があれば一度はこういうコースで飛んでみたいものです。

LEAP Motion × Google Earth で東京上空を遊覧飛行できるようになりました
YouTube: LEAP Motion × Google Earth で東京上空を遊覧飛行できるようになりました

 LEAP Motion は、パソコンの USB に指して使う 8 x 3 x 1 cm 程度の手のひらに入るぐらいの小さなデバイスですが、中に赤外LEDと2つのカメラとフラッシュメモリとUSBコントローラーが入っているぐらいだそうなので、基本的に本体PCのソフトで指の動きを処理しているのでしょうね。利用時は、AIRSPACE というソフトを起動し、そこから LEAP Motionのアプリを起動しますが、いくつかはプリインストールされていて、後は気に入ったアプリ(無料~$4ぐらいのものが多い)を iTunes Store でアプリを買うような感じでダウンロードして使います。

LEAP Motion のアプリで遊ぶ
YouTube: LEAP Motion のアプリで遊ぶ

 下記の映像には、指の動きをどうセンスしているかがよくわかるプリインストールされているLEAP Motionのオリエンテーション用ソフト、MIDNIGHTというスクリーンセーバーのようなものを指で操作できるクリエイティブツール、ESCAPE VELOCITYという宇宙船を操作するゲームの3つを記録してみました。あれこれ他のツールも撮影してみたのですが、指の動きとアプリを同時に撮影するのが難しく、最終的にうまく撮影できたのがこれだけでした。LEAP Motion のアプリで遊ぶ

 下記の映像は、1ヶ月前に LEAP Motion が届いた後に、パッケージを開封しながら、撮影したもので、大きさ感や Apple製品を意識したパッケージデザインを感じられると思います。Webブラウザを使うだけなら、PCでなくタブレットで十分ですが、この種の面白いデバイス(せいぜい1万円ぐらいのもの)をつなげて使うというおもしろさがまだまだPCにはありますね。

Leap Motion 開封
YouTube: Leap Motion 開封

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/604059/31935949

LEAP Motion × Google Earth で東京上空を遊覧飛行できるようになりましたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

コメントは拒否されました。

Lekumo ビジネスブログ mixi またはその他のOpenIDでログインしてください

フォトアルバム