2015年3月29日 (日)

米ディスプレイ広告市場予測(2013~17年):Facebook+Twitterシェアが1/5→1/3に

Us_display_ad_revenue_20132017_1_3

 米eMarketer社が発表した米国主要ネット媒体社別のディスプレイ広告市場予測(2013~2017年)をグラフ化してみました。

 最初の図面は全ディスプレイ広告内での売上シェア予測ですが、2015年には、Facebookが1/4のシェアを確保し、TwitterがYahoo!を上回ると推定しています。また、2017年には、Facebook,Twitterの2強ソーシャルメディアがディスプレイ広告市場全体の1/3を占めると予想しています。

 次の図面はモバイル・ディスプレイ広告だけを抜き出した売上シェア予測ですが、Facebook,Twitterの市場シェアはモバイルでさらに大きいことがわかります。2017年にはTwitterのモバイル・ディスプレイ広告売上がGoogleに肉薄すると予想しています。

 最後の図面は、市場全体と主要媒体社別に見た、ディスプレイ広告売上中のモバイル売上比率を示したものですが、グラフ中央の黒字の点線が示す市場全体平均でも、2015年にはモバイル売上比率が5割を超えると予想されている中、Twitter,Facebookではこのトレンドよりも早いスピードでモバイル売上シフトが進んでいることがわかります。また、両媒体のモバイル売上比率の伸び率は2015年以降鈍化し、Twitterで90%、Facebookで75%程度で落ち着くと予想しています。

< SlideShareにも図面アップしてます >

Us_display_ad_revenue_20132017_2_4Us_display_ad_revenue_20132017_3_3

2013年11月 3日 (日)

「ねむり時間計」1ヶ月ほど使い睡眠時間が10分ほど伸びました

1

2_3 オムロン「ねむり時間計HSL-002Cを使い始めてから1ヶ月ほどが経ちました。何でも「見える化」というのは大事ですが、利用開始から約1ヶ月で平均睡眠時間が10分ほど延びました。まあまあの成果です。仕事の忙しさやおつきあい等により睡眠時間は変化しますが、短い睡眠時間の日が続くとそれが数字ではっきりするので、自然と”今日は少し早く寝よう”という気になります。歩数計で運動不足を把握したり、レコーディング・ダイエットでカロリーオーバーを把握するのと同じ効果です。

 実は30代後半から40代前半の創業期の会社にいた頃に、ウィークデーの睡眠時間が1日数時間程度の期間が続き、いつの間にかショートスリーパーになったような気がします。専門家は睡眠時間の長短は遺伝子で決まっているようなことを言いますが、個人的にはほんとうにそうなの?と少し疑ってます。今は昔と違い、平均5時間前後は寝ていて、寝つきもよく、深く寝ている方だと思うのですが、もういい年なのでもう少し体にも気をつけた方がいいかなと思い初め、最近、睡眠時間を見える化する目的で「ねむり時間計」を買いました。

3_2 4_2 5_3

 この「ねむり時間計」を枕の横あたりに置いて寝ると、機器の中にある加速度センサーが体の動きが検知し、入眠時間や眠りの深さが記録されるらしいです。その記録をスマートフォンへブルートゥースの無線通信でアップロードし(私の場合はiPhone5sへ)、1日、1週間、1ヶ月の切り口のわかりやすいグラフで確認します(この記事の一番下の動画を見ると操作性がよくわかると思います)。

6_2

 1週間のデータ(睡眠時間、寝つき時間、就寝・起床時間、起床にかかった時間)は、9種類の動物の名前をつけた”ねむりタイプ”に分類され、ねむりに関する簡単なアドバイスが出てきます。ちなみに、私はずっと夜更かしの「フクロウ・タイプ」です。

7_2

 この「ねむり時間計」のもう一ついいところは「ソフトウェア制御のインテリジェント目覚まし」である点であす。アラームは3パタン設定できて、その設定をスマートフォンへの無線通信により設定できます。私の場合、ウィークデーの2パタンとウィークエンドの1パタンの3パタンでアラームを使い分けています。アラームを鳴らす時間は、睡眠データを利用して希望起床時間近傍で起きやすそうな時間か、普通の目覚ましのように絶対時刻で設定でき、かつ、アラーム音量やスヌーズ間隔や鳴っている時間もパタン別に変更できます。今時のハイテク時代、目覚まし時計はこういう風にきめ細やかな設定ができるべきだと思います。

 この種の機器設定をすべてスマートフォンに追い出した結果、機器のボタン類がものすごくすっきりしていて持ちやすく、ふとんの上においていても全然違和感がない、とてもいいデザインになっています。



2013年6月16日 (日)

Flipboard で自分オリジナルの雑誌を作ってみました

Flipboardcover_2  パラパラと雑誌をめくる感じが病みつきになる"Flipboard" で「Cool Robots」という雑誌を作ってみました。
 Flipboard は、新聞・雑誌記事、ブログ、Twitter、Facebook、RSSリーダーなどをまとめて閲覧できるタブレット/スマフォ用アプリです。私はタブレットで見る雑誌のパラパラ感が一押しですが、電車の中で片手でスマフォを支えながら親指で記事をめくれるリーダーとしても重宝しています。このFlipboardのVer2.0からキュレーション機能がつき、ユーザー自身が簡単にオリジナル雑誌を作れるようになりました。
 オリジナル雑誌の超簡単な作成方法は、”雑誌名”を決めて、普段見ている Flipboard閲覧環境で、気になる記事があったら「+ボタンを押す(Filpする)だけです。これで”雑誌カバー”は最新記事画像を使い、初めに決めた雑誌名と3つほど最新記事のタイトルを雑誌カバーにのせてくれますが、これだけでも、とっても雑誌っぽいレイアウトになっていて、ちょっとした編集長気分を味わえます。
 もう少しだけ手を入れたくなったら、ブラウザ経由でログインして専用エディターを使うと、雑誌カバーを自分のお気に入りのものに固定したり、デフォルトはFlipした時系列で並んでいる記事の順番を変更したり(似たような記事をばらしたり、流れで見た時にメリハリがある画像が出現するように調整したり)、リンク切れの記事を削除したりというちょっとした編集ができるようになります。この専用エディターも機能を増やし過ぎず、あくまでも簡単にというコンセプトを貫いているように見えます。

2013年5月 8日 (水)

IABからHTML5ディスプレイ広告のガイドラインが出ました

 IABから"HTML5 for Digital Advertising 1.0: Guidance for Ad Designers & Creative Technologists "が出ました。HTML5は、フラッシュと違い、PC/Mobile両方の環境で動作する動的クリエイティブ用プラットフォームとして期待が高いものですが、このガイドラインは、HTML5を利用したデジタル広告の共通フレームワークを規定したものであり、広告サーバーとの互換性を最大化するための推奨事項、パーフォーマンス向上のための最適化手法、動画やアニメーション利用のためのガイドライン、制作ツール群の整理等が記載されています。

【 目次 】
 1.概要
 2.HTML5ディスプレイ広告
 3.バナー内ビデオ広告
 4.アニメーション
 5.HTML5関連ツール

2013年5月 4日 (土)

「総天然色ウルトラQ」をアプリ「怪獣キャッチ大作戦」で楽しむ

Ultraq1  GWにWOWOWでお待ちかね「総天然色ウルトラQ」をやっていますが、「WOWOWプログラムガイド」アプリの一番下に出現した「怪獣キャッチ大作戦」メニューを使ってリアルタイム視聴すると1話毎に名場面カードがもらえるとう道具立て、なかなかいけてます。放送中の番組の音声をアプリが識別し、関連する回の名場面カードが自動的にダウンロードされるというものです。音声は番組のどこでもよいという仕様でなく、”番組冒頭からエピソードタイトル周辺まで”の音声をキャッチするという約束だったのですが、最初にこのアプリに気がついた時は、第4話のマンモスフラワーの途中で、それに気がつかず、あれこれ音声の大きさやらをスマフォの位置やらを調整していました。Ultraq2 後で、アプリのテロップの注意書きに気がつき、第5話のペギラの回の冒頭ではばっちり名場面カードをゲットできました。リアルタイム視聴を加速させるための道具立てとして、テレビ音声をスマフォ・アプリで認識させて、デジタルグッズを付与するというこのやり方、いいですね。

2013年3月17日 (日)

日本のスマートフォン広告市場規模予測、2013年には1000億円超、2017年には2000億円超

スマートフォン広告市場規模予測(商品別・販売チャネル別) 3月15日に CyberZ社よりスマートフォン広告市場動向調査の発表がありました。2012年の日本のスマートフォン広告市場規模は856億円億円(前年比3.4倍)としており、先日の電通発表「日本の広告費」のインターネット広告費全体と比較すると10%程度の規模感ということになります(媒体費で比較すると13%程度、ただし元データが違うので目安でしかない)。また、今回CyberZ社発表のスマートフォン広告市場規模予測では2013年で1000億円超、2017年で2000億円超としています。

 また、商品別売上規模は、リスティング広告、ディスプレイ広告、成果報酬型広告が大凡6:3:1の比率のまま成長していき、販売チャネル別売上規模もオンライン対オフラインが大凡1:2の比率のまま成長していくという予測数字となっています(この種の予測値で販売チャネル別売上予測は珍しいです)。

 CyberZ社のプレス文では、商品別の市場予測グラフと、販売チャネル別の表が記載されていましたが、これを重ねていっしょに参照したいと思い、グラフ化してみました。リスティング広告もRTB型のディスプレイ広告もオンライン購入可能ですが、広告主からの直接のオンライン購入比率は5年後もあまり変わっていないとしているのは興味深いです。

< SlideShare に図面もアップしておきました >

【 2004年~2011年の「日本の広告費」に関するの記事目次 】

 

2012年12月31日 (月)

Kindle Fire HDをマイクロHDMIケーブルで大型テレビにつないでみました

KindleFireHD-HDMI 3  KindleFireHD-HDMIKindle Fire HD を micro HDMI→HDMIケーブルで 42inch TOSHIBA REGZA につないでみました。ビデオのプレビューを見るのにはとってもいい組み合わせです。解像度が高いので、大型テレビで見ても十分綺麗です。逆に、Kindleの画面で見るのはちょっともったいない気もします。20年弱前に仕事で家庭用のVOD(Video on Demand)がどうなるかということを考えていた時は、光ファイバー網からインタラクティブテレビに直接動画が配信されるようなイメージをしていましたが、その後の家庭内無線LAN環境の浸透、タブレット端末のハイスペック化と低価格化、なかなか進まないテレビの標準WiFi装備を総合的に勘案すると、安価で確実に接続できる、このHDMIケーブル経由での接続パタンは案外王道な感じがしてきました。

KindleFireHD-HDMI 2  KindleFireHD-HDMI 1ちなみに、Kindle Fire HD が家に来た時はこの接続がミニHDMIケーブル(mini HDMI→HDMI)だと勘違いしていましたが、ケーブルを本体に刺そうとした時にサイズが違うことに気がつきました。

  後、Kindle Fire HD に BlueTooth のワイヤレスキーボードも接続しました。ELECOM の TK-FBP013, TK-FBP018 どちらでも問題なくつながりました。

KindleFireHD-Bluetooth KeyBoard

2012年12月23日 (日)

アップし損ねてた「Nexus7 開封」の映像

10月末に来たNexus7ですが、この映像をブログの方へアップし損ねてました。Nexus7は、本体の幅と本体裏の素材のおかげで、手のひらでひっかりグリップして使えます。最初に戸惑ったのは、普段使っている iPhone, iPad にあるハード的なホームボタンがないこと。後、よく吟味せずに買ったおかげで、知らなくて得した感があったのは、Google Playでの¥2,000分のコンテンツ購入無料購入特典と、「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」のムービーの無料バンドル。普段からgmail, Chrome, google map をよく使い、老眼には厳しい iPhone, 持ち歩くにデカイ iPad の中間を埋めてくれる端末として重宝してます。

 

 


Kindle Fire HD, Nexus7, iPad2 で電子書籍の見え方を比較

Kindle Fire HD, Nexus7, iPad2 で同じ電子書籍をダウンロードして、その見え方を比較してみました。Kindle FIre HD の端末サイズは Nexus7 より横幅が大きいですが、表示領域では横だけで無く縦も広く、また、画像の解像度も高く、本でいえば紙の部分にあたる白の発色も一番目に優しい感じの色になっていました。

 


2012年12月19日 (水)

写真で見る Kindle Fire HD 開封

Kindle Fire HD本体の到着予定日が土曜日、急速充電器の到着予定日が水曜日との連絡でしたが、火曜日の晩に家に帰ってみたら、サプライズ!、両方とも到着してるじゃないですか。さっそくセットアップしてみました。本体は Nexus7よりは幅が広くて、私の手だとぎりぎりグリップできるという感じです。画面は噂通り綺麗です。電源ボタンや音量ボタンは場所がわからないぐらい本体と一体化してます。USBポートの横の、HDMI端子を週末あたりに使ってみたいと思います。後、最近のFacebookの写真をボタン一発で本体に取り込んで写真集にできるのは便利でした。

 


フォトアルバム