2015年2月25日 (水)

2014年国内インターネット広告費は1兆円超え、運用型広告は前年比24%増("日本の広告費"をグラフ化)

20141_2

 2月24日に、電通より恒例の「日本の広告費」の発表がありました。2014年の日本の総広告費は6兆1522億円(前年比102.9%)と6年ぶりに6兆円超えとなりました。また、インターネット広告費は、遂に1兆円超えの、1兆519億円(媒体費億8245億円、制作費2274億円)となりましたが、前年比2桁%成長(112.1%)も6年ぶりとなります。1996年に初めてインターネット広告費が統計に表れた際の市場規模が16億円でしたので、そこから18年で3桁成長したことになります(感慨深いです)。

20142_2

 2014年のインターネット広告費の内訳を見ると、運用型広告費が5106億円(前年比123.9%)と2年連続で20%以上の成長を維持しつつ、枠売り広告費も3139億円(前年比101.9%)と前年を上回りました。

 4マス広告費については、前年比101%と微増ながら3年連続で前年実績を上回りました。

【 2004年~2014年の「日本の広告費」に関するの記事目次 】

< SlideShare に図面もアップしておきました >

20143

2014年2月21日 (金)

2013年国内インターネット広告費は9381億円、運用型広告費:枠売り広告費=6:4に("日本の広告費"をグラフ化)

★2014年版国内インターネット広告費はこちら★

20131

 2月20日に、電通より恒例の「日本の広告費」の発表がありました。2013年の日本の総広告費は5兆9762億円(前年比101.4%)と2年連続で前年実績を上回りました。インターネット広告費は、前年比108.1%の9381億円(媒体費億7203円、制作費2178億円)となりました。

 2013年度の運用型広告費は4122億円(前年比121.4%)、枠売り広告費は3081億円(前年比95.2%)となり、運用型広告費:枠売り広告費=6:4という比率になりました(昨年は5:5)。

20132_3

2013年の運用型広告費の伸びは、スマフォ/タブレットの普及による検索連動型広告費の拡大と、DSPの普及によるものが大きいとのことです。

 4マス広告費は100.1%と微増ながら2年連続で前年実績を上回りました。一方、インターネット広告費は、現在の集計方法に変わった2005年以降の8年間で市場規模が約3.7倍拡大しました。インターネット広告費の2014年の成長率が2013年と同程度となれば、いよいよ”2014年はインターネット広告市場規模1兆円超の年”になりそうです。

【 2004年~2014年の「日本の広告費」に関するの記事目次 】

< SlideShare に図面もアップしておきました >

20133_3

2013年11月10日 (日)

同志社大学理工学部で「インターネット広告ビジネス」の講演をしてきました

Photo

 11月6日に、同志社大学 京田辺キャンパスで、理工学部の3年生を中心に約110名の学生「インターネット広告ビジネス」に関する講義をしてきました。京田辺キャンパスは京都市と奈良市の中間に位置した、自然に恵まれた美しいキャンパスですが、この時期は特に、キャンパス内のあちこちで綺麗な紅葉を眺めることができました。
 今回の講義は情報システムデザイン学科の佐藤健哉教授の「ネットワークシステム構成論」のゲストスピーカーの形で行いましたが、内容は9年前に始めた兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科での3時間の特別講義(今年は7月実施)の内容を1時間半に圧縮したものをベースに組立てました(講義のきっけかけはコチラ)。 

Photo_2


 いつもはビジネスマンや大学院生に話をしているので、大学生100名規模に話をする機会というのは案外なく、2004年に立命館大学で「ICT企業リーダによるリレー講座」というのをやらせていただいて以来のものとなりました。昼休みから授業直前に感じられるエネルギー感と講義内容を理解してもらえるかなという不安感が、講義前のいい緊張感を作ってくれました。
 今回、講義レポートをすべて拝見させていただくことができ、この週末にじっくり読ませてもらいました。今後実施する大学生への講義に対して非常に貴重なフィードバックが得られたのと同時に、大学生がインターネット広告に対してどのような感覚を持って接しているのかについての貴重な利用者ヒアリング結果にもなりました。

Photo_3

 多くの学生から寄せられたコメントを要約すると、「普段よく接触しながらあまり気にかけていなかったり、ウザいと思うことの多いインターネット広告の裏側の仕組みが、ここまで奥深く工夫されているもので、それほどまでに大きなお金が流れているのか、これを機会にもうちょっと勉強してみるか」というもので、講師が思っていた以上に新鮮な発見として受け止められていたことを知り、ちょっとほっとしました(なかなか学生さんの受講態度からは、そのあたりは読み取れないものです)。
 個別のコメントで私が興味をもったものに、「普段は広告をPCで見ているのでネット広告の市場規模がまだ新聞広告の規模を越える程度でしかないのかというのに驚いた」というものがありましたが、この世代でのメディア接触の差が如実に出ているものだと思いました。

Photo_8

この他、「ソーシャルメディア→口コミの時代において消費者に邪魔だと思われる広告は逆効果だと思う(興味のない大量のTVCMやしつこいリターゲティング)」「通信環境が悪いところで、動画コンテンツの前に広告が入るのはやめて欲しい」「ディスプレイ広告→サーチ広告→ソーシャル・マーケティングの流れを、受動→能動→受動と捕らえると、それは情報過多が引き起こしたものではないか」というあたりは、その通り!と共感しました。

 講義の後、恵喜館というビルにある佐藤教授の研究室を見学させてもらいました。研究テーマは「高度道路交通システムにおける車車間通信の研究」や「拡張現実感技術を利用したネットワーク家電制御方式」などがあり、学生さんにデモと簡単な説明をしてもらいましたが、実用性重視の研究感覚に感心しました。

Photo_9

【 今回の講演内容 】━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.インターネット広告の具体事例
2.なぜインターネット広告が注目されているのか
3.インターネット広告の模式化・指標・最適化
4.インターネット広告配信技術
  ・ターゲティング広告配信
  ・リッチメディア/動画広告
  ・スマートフォン広告
5.サーチ広告
6.ソーシャルメディア活用マーケティング
7.リアルタイム入札型広告( Ad Exchange/DSP/SSP/DMP )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013年7月 7日 (日)

9年目・8回目の兵庫県立大学大学院「インターネット広告ビジネス」の特別講義

Photo_3  今年で9年目、8回目となった兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科での「インターネット広告ビジネスの最前線」の3時間にわたる特別講義の内容は、大きな流れでは同じですが、昨年1年スキップしたこともあり、内容をかなり変えてみました。
 デバイス的にはモバイルの部分はすべてスマートフォンに換え、動画・リッチメディア広告の内容も増やしました。サーチ広告の部分は内容を絞り、同じ運用型広告でもDSP/Ad Exchange等の話を増やしました。また、新しいトピックスとしてアド・ベリフィケーションを追加したり、ソーシャルメディアについては、広告よりもそれを活用したキャンペーン事例に切り換えました。

Photo_2  写真の左側がスパコン「京」が入っている理研の計算科学研究機構の建物で、右側がそこと廊下でつながっているた兵庫県立大学大学院計算機科学センタービルになります。最寄り駅の「京コンピュータ前駅」の回りはあまり2年前と変わっていませんが、ポートライナーで1~2駅三ノ宮駅寄りの「医療センター駅」~「市民広場駅」までは、神戸の医療産業都市構想に従ってビルがずいぶん増えたようです。

 今回、特別講義の最後に、同志社大学モビリティ研究センター長の佐藤健哉教授が飛び入り参加してくれました。佐藤教授とは20年ちょっと前に、スタンフォード大学計算機科学科のDavid Cheriton教授の研究室で客員研究員として滞在していた仲なのですが、まさか20年ぶりの再開・会話がこの講義での質疑応答になるとは思いもよりませんでした。特別講義を開催している中本幸一教授と佐藤教授が同じ組込システム領域の研究者という縁で再会をはたすことができました。

【 講演内容 】━━━━━━━━━━━━━━━━ 
1.インターネット広告の具体事例
2.なぜインターネット広告が注目されているのか
3.インターネット広告の模式化・指標・最適化
4.インターネット広告配信技術
  ・ターゲティング広告配信
  ・アドネットワーク
  ・動画広告
  ・スマートフォン広告
5.サーチエンジン・マーケティング(SEM)
  ・リスティング広告、サーチエンジン最適化(SEO)
6.ランディング・ページ最適化(LPO)
7.ソーシャルメディア活用マーケティング
8.リアルタイム入札型広告( Ad Exchange / DSP / DMP )
9.アド・ベリフィケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013年5月 4日 (土)

「総天然色ウルトラQ」をアプリ「怪獣キャッチ大作戦」で楽しむ

Ultraq1  GWにWOWOWでお待ちかね「総天然色ウルトラQ」をやっていますが、「WOWOWプログラムガイド」アプリの一番下に出現した「怪獣キャッチ大作戦」メニューを使ってリアルタイム視聴すると1話毎に名場面カードがもらえるとう道具立て、なかなかいけてます。放送中の番組の音声をアプリが識別し、関連する回の名場面カードが自動的にダウンロードされるというものです。音声は番組のどこでもよいという仕様でなく、”番組冒頭からエピソードタイトル周辺まで”の音声をキャッチするという約束だったのですが、最初にこのアプリに気がついた時は、第4話のマンモスフラワーの途中で、それに気がつかず、あれこれ音声の大きさやらをスマフォの位置やらを調整していました。Ultraq2 後で、アプリのテロップの注意書きに気がつき、第5話のペギラの回の冒頭ではばっちり名場面カードをゲットできました。リアルタイム視聴を加速させるための道具立てとして、テレビ音声をスマフォ・アプリで認識させて、デジタルグッズを付与するというこのやり方、いいですね。

2013年3月16日 (土)

"データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」"の本のカバー、はずすとちょっと気恥ずかしい

  電車の中で本を読む時はいつも本のカバーをはずしているのですが、”データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」”の本は、英文タイトルの”SEXY LITTLE NUMBERS”という文字が目立って気恥ずかしいので、カバーをつけてます。その気分をちょっと楽しげなムービーにしてみました。

 

2013年2月24日 (日)

2012年国内インターネット広告費は8680億円、運用型広告費が媒体費の半分の規模に("日本の広告費"をグラフ化)

★2013年版国内インターネット広告費はこちら★

国内インターネット広告費の推移2012-1 2月21日に、電通より恒例の「日本の広告費」の発表がありました。2012年の日本の総広告費は5兆8913億円(前年比103%)と5年ぶりに前年実績を越えました。インターネット広告費は、前年比108%の8680億円(媒体費6629億円、制作費2051億円)となりました。

 今年からインターネット広告費の集計方法が大きく変わりました。デバイスの多様化に伴いデバイス別分類が無くなり、「膨大なデータを処理するアドテクノロジーを活用したプラットフォームにより広告の最適化を自動的にもしくは即時的に支援するような広告手法」を「運用型広告」と呼んで集計することになりました。この分類に入る、検索連動型広告/Ad Exchange/DSP/SSP等を含む2012年度の運用型広告費は3391億円となりました。これ以外の枠売り広告/タイアップ広告等は3238億円となり、運用型広告費がインターネット広告媒体費の半分の規模なりました。 国内インターネット広告費の推移2012-2

 4マス広告費は2005年に前年割れを始めてから7年ぶりに前年実績を越えました。一方で、インターネット広告費はこの7年間で市場規模が2.3倍拡大しました。

【 2004年~2011年の「日本の広告費」に関するの記事目次 】

< SlideShare に図面もアップしておきました >

 

国内インターネット広告費の推移2012-3

2012年2月24日 (金)

2011年国内インターネット広告費8千億円を超える、スマートフォン広告が急成長("日本の広告費"をグラフ化)

★2012年版国内インターネット広告費はこちら★

Graph1 2月23日に、電通より恒例の「日本の広告費」の発表がありました。2011年の日本の総広告費は5兆7096億円(前年比98%)とほぼ昨年並みの水準となりました。インターネット広告費は、前年比104%の8062億円(媒体費6189億円、制作費1873億円)となり、内訳は発表データから、PCディスプレイ広告2827億円、PC検索連動広告2194億円、スマートフォンを除くモバイル広告831億円、スマートフォン広告単独337億円と読み取れます。
  4マス広告費が6年連続で前年を下回っている状況ですが、テレビ広告はほぼ前年並となっています。主要メディア間シェアではインターネット広告が確実にシェアを拡大していっています。Graph2

【 2004年~2010年の「日本の広告費」に関するの記事目次 】Graph3

Graph4

2011年2月24日 (木)

2010年インターネット広告費=新聞広告費+ラジオ広告費("日本の広告費"をグラフ化)

Graph1  2月23日に、電通より恒例の「日本の広告費」の発表がありました。2010年の日本の総広告費は5兆8427億円(前年比99%)とほぼ昨年並みの水準となりました。このような市場環境の中、インターネット広告費は、前年比110%の7747億円(媒体費6077億円、制作費1670億円)、検索連動広告は2035億円、モバイル広告は1201億円(モバイル検索連動広告は285億円)となり、インターネット広告は不況の踊り場から脱出し、再度成長基調に戻ったようです。その中でも、検索連動型広告とモバイル広告の成長率が高く、ディスプレイ広告も回復基調に戻ったようです。
 Graph2 4マス広告費が6年連続で前年を下回っている状況ですが、テレビ広告は前年から回復、新聞広告・雑誌広告も広告費の減少率が鈍化しました。
  インターネット広告費は2004年にラジオ広告費を抜き、2007年に雑誌広告費を抜き、2009年には新聞広告費を抜き去りましたが、2010年にはついに新聞広告費とラジオ広告費を足した水準にまで到達しました。
  また、ディスプレイ広告費が雑誌広告費を抜きモバイル広告費もラジオ広告費に肉薄してきています。

【 2004年~2009年の「日本の広告費」に関するの記事目次 】Graph3 Graph4

2010年10月27日 (水)

ソーシャルメディア上の評判分析ツール Communication Explorer を発表しました

Communication explorer  本日、弊社(株)クライテリア・コミュニケーションズより、”ソーシャルメディア上の評判分析ツール「Communication Explorer」のサービス開始について”というプレスリリースを行いました。今朝の日経産業新聞朝刊に出ていました「SNSの書き込み自社評判 文章から詳細に分析」という記事が、このプレスに対応します。
 Communication Explorer は、Twitter等のソーシャルメディアに書かれた文章をリアルタイムに評判分析するサービスです。類似のツールと違い、文章の「意味解析技術」により「感性」や「意図」等を把握できるため、生活者の生の声やブランドに対する意識などの「評判」を、すばやく容易に入手可能です。また、顔文字やギャル文字などにも対応できており、適用範囲が広い実用的なものです。
 明日から2日間開催されます『ad:tech tokyo 2010』の展示ブース「42」にて、Twitterに書き込まれたハッシュタグ"#adtechtokyo"付きの書き込み等を、リアルタイムで評判分析しておりますので、是非展示ブースの方へお立ち寄り下さい。

<おまけ>
 明日5:40pm-6:30pmに、同じく『ad:tech tokyo 2010』のカンファレンス(トラックD)におきまして、「次世代アドソリューション~アドネットワークを利用した見込み客/顧客とのコミュニケーション手法新潮流~」というセッションで、広屋がパネラーとして登壇しておりますので、アドネットワーク/アドテクノロジーにご興味のある方は、こちらの方にも是非お来し下さい。

フォトアルバム