2014年8月10日 (日)

今年で10周年記念「インターネット広告ビジネス」の特別講義(兵庫県立大学大学院)

 気がつけばもう1ヶ月以上前になりますが、今年も恒例の兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科でのインターネット広告ビジネスの特別講義を行いました。今年で遂に10周年(といっても途中1年お休みしたので9回目)。
 年々インターネット広告の対象範囲が広がっていきますので、3時間の長めの講義とはいえ、やはり対象の絞り込みが必要になります。今年はやや広告配信技術よりに寄せ、下記のような講演内容としました。

Photo_4

【 講演内容 】━━━━━━━━━━━━━━━━
1.インターネット広告の具体事例
2.なぜインターネット広告が注目されているのか
3.インターネット広告の模式化・指標・最適化
  ・基本モデル
  ・パーチェス ファネル
  ・ISAS
4.インターネット広告配信技術
  ・ターゲティング広告配信
  ・リターゲティング広告
  ・行動ターゲティング広告
  ・リッチメディア広告
  ・動画広告
  ・スマートフォン広告
  ・ネットワーク広告
  ・検索連動型広告
  ・ソーシャルメディア広告
5.プログラマティック広告 (DMP、DSP)
6.クラウドサービスを活用した広告配信
7.クロスデバイス広告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Riken_cdb

 上の模型の写真は講義を行った教室が入っているビルの入り口にあるもので、スーパーコンピューター「京」の入っているビル(というかビル1棟がスパコン)のすぐ隣にあるのがわかるかと思います。ちょっとびっくりするのは、その奥のビル一棟まるまるが冷却専用の施設であることです。超高速計算機は発熱の凄さがわかります。

 下の写真は、授業の帰りに一駅隣にある話題の「理研のCDB」で記念撮影したものですが、先週、このビルの上をたくさんヘリが飛んでいるみたいだとの連絡をもらい、ニュースサイトをチェックしたところ、あの悲しい事故があったことがわかりました。

2013年11月10日 (日)

同志社大学理工学部で「インターネット広告ビジネス」の講演をしてきました

Photo

 11月6日に、同志社大学 京田辺キャンパスで、理工学部の3年生を中心に約110名の学生「インターネット広告ビジネス」に関する講義をしてきました。京田辺キャンパスは京都市と奈良市の中間に位置した、自然に恵まれた美しいキャンパスですが、この時期は特に、キャンパス内のあちこちで綺麗な紅葉を眺めることができました。
 今回の講義は情報システムデザイン学科の佐藤健哉教授の「ネットワークシステム構成論」のゲストスピーカーの形で行いましたが、内容は9年前に始めた兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科での3時間の特別講義(今年は7月実施)の内容を1時間半に圧縮したものをベースに組立てました(講義のきっけかけはコチラ)。 

Photo_2


 いつもはビジネスマンや大学院生に話をしているので、大学生100名規模に話をする機会というのは案外なく、2004年に立命館大学で「ICT企業リーダによるリレー講座」というのをやらせていただいて以来のものとなりました。昼休みから授業直前に感じられるエネルギー感と講義内容を理解してもらえるかなという不安感が、講義前のいい緊張感を作ってくれました。
 今回、講義レポートをすべて拝見させていただくことができ、この週末にじっくり読ませてもらいました。今後実施する大学生への講義に対して非常に貴重なフィードバックが得られたのと同時に、大学生がインターネット広告に対してどのような感覚を持って接しているのかについての貴重な利用者ヒアリング結果にもなりました。

Photo_3

 多くの学生から寄せられたコメントを要約すると、「普段よく接触しながらあまり気にかけていなかったり、ウザいと思うことの多いインターネット広告の裏側の仕組みが、ここまで奥深く工夫されているもので、それほどまでに大きなお金が流れているのか、これを機会にもうちょっと勉強してみるか」というもので、講師が思っていた以上に新鮮な発見として受け止められていたことを知り、ちょっとほっとしました(なかなか学生さんの受講態度からは、そのあたりは読み取れないものです)。
 個別のコメントで私が興味をもったものに、「普段は広告をPCで見ているのでネット広告の市場規模がまだ新聞広告の規模を越える程度でしかないのかというのに驚いた」というものがありましたが、この世代でのメディア接触の差が如実に出ているものだと思いました。

Photo_8

この他、「ソーシャルメディア→口コミの時代において消費者に邪魔だと思われる広告は逆効果だと思う(興味のない大量のTVCMやしつこいリターゲティング)」「通信環境が悪いところで、動画コンテンツの前に広告が入るのはやめて欲しい」「ディスプレイ広告→サーチ広告→ソーシャル・マーケティングの流れを、受動→能動→受動と捕らえると、それは情報過多が引き起こしたものではないか」というあたりは、その通り!と共感しました。

 講義の後、恵喜館というビルにある佐藤教授の研究室を見学させてもらいました。研究テーマは「高度道路交通システムにおける車車間通信の研究」や「拡張現実感技術を利用したネットワーク家電制御方式」などがあり、学生さんにデモと簡単な説明をしてもらいましたが、実用性重視の研究感覚に感心しました。

Photo_9

【 今回の講演内容 】━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.インターネット広告の具体事例
2.なぜインターネット広告が注目されているのか
3.インターネット広告の模式化・指標・最適化
4.インターネット広告配信技術
  ・ターゲティング広告配信
  ・リッチメディア/動画広告
  ・スマートフォン広告
5.サーチ広告
6.ソーシャルメディア活用マーケティング
7.リアルタイム入札型広告( Ad Exchange/DSP/SSP/DMP )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013年2月11日 (月)

数十年ぶりに出会った「汽車会社 蒸気機関車製造史」に感動

1  3先日大阪の実家に寄った際に、一昨年亡くなった父の本棚から、40年前に発行された「汽車会社蒸気機関車製造史」という本を持ち帰った。「汽車会社」は、鉄道の父「井上勝」が鉄道庁長官を退官後、1896年に大阪に設立した国産鉄道車両メーカーで、この本が発行された1972年に川崎重工と合併するまでの70年以上にわたり、数々の機関車・車両を製造してきたメーカーである。父はSLファンではなく、汽車会社の社員だった。消えゆくJR関西線のSLを追いかけていたのは、父ではなく私の方だった。だから、ある日、父がこの本を家に持ち帰った時も、それが貴重な本であることはすぐにわかった。この本を最後に見たのは中高生ぐらいだったと思うので、この本に出会ったのは数十年ぶりということになる。

4  5この本にはたくさんの蒸気機関車や貴重な客車の写真や図面の他に、当時の工場の様子等も載せられている。その写真を見て、一度、父に電車の製造工場に連れていってもらったことを思い出した。大きな電車のボディーがクレーンでつるされていて、それが電車の台車の上に降りてきたかと思うと、溶接が始まり火花が散る。ああいうちょっと危険で凄い光景を子供が見られたのも当時だからできたのかもしれない。

13  8数十年ぶりに本を読み込んでみて、新たな発見もあった。機関車や客車以外にバスや戦車を作っていたのは当時も意外だったので気がついていたが、実は結構たくさんの「橋」も作っていたようで、うちの近所の隅田川にかかる「駒形橋」も汽車会社が製造したというのには驚いた。

 この本、保存状態もたいへんよく、これからも大事に保管して、またしばらくして、じっくり読んでみたいと思う。

10 7 12

2012年4月30日 (月)

先日出演の NHK BSプレミアム「ふるさとスカイツリー とっておきの一枚」1分ミニ番組を逆シナリオ化

Skytree2先日、3時間取材協力をし、4/28,4/29に放送された広屋出演の NHK BSプレミアム「ふるさとスカイツリー とっておきの一枚」(1分ミニ番組)の映像を逆シナリオ化しました。たった1分の映像ですが、取材ボリュームと編集でここまでの品質になるんだと、あらためてNHKの力量を実感しました。投稿写真募集期間中にまだ数回放送される可能性があるようです。

【 シナリオ 】

■イントロ■

AKB48の菊池あやかと宮崎美穗の二人が、隅田川のそばの遊覧船乗り場のあたりを、シャボン玉で遊びながら、軽快に歩いている。 Skytree7隅田川の向こうにはスカイツリーとアサヒビール本社ビルが見える。

隅田川の上にシャボン玉と一緒に「ふるさとスカイツリー とっておきの一枚」という番組タイトルが現れ、AKB48の二人がタイトルコール。

■本編■

投稿したスカイツリーの初期の工事現場の写真が出ている。テロップには”「東京スカイツリーの一番最初の風景」広屋修一さん撮影”。

同じ写真が写っている自宅のテレビの前で、私が話し始める。 Skytree9

工事現場の最初が、スカイツリーそのもののふるさとっていうふうな意味合いもあるかなって思って、おもしろいかなっと思って、ちょっと投稿してみました

映像にはパソコン上の複数の写真がちらりと見える。

映像は屋外へ移り、東武伊勢崎線線とうきょうスカイツリー駅の周辺の歩く私の姿。

だけど正直、行ったらもうちょっと盛り上がってるかなっと思ったんですけど、はじめ全然盛り上がってなかったんで、それは結構意外だったですけどねSkytree8

2008年7月の着工以来撮ってきた写真はおよそ700枚に及ぶ」というテロップの右側に昔の工事現場や建築中のスカイツリーの写真が何枚か出る。

私がツリーのすぐ下からカメラを上に向けて撮影するシーンが続く。

ある日突然どこへ行っても見えるっていう、なんかこう悟りの境地みたいな感じになるんですよ」(この語りはツリー直下でなく地元で語った言葉なのでちょっとミスマッチかも)

押上の著名なスカイツリー写真撮影スポットの橋の上でカメラを構えながら、

記憶って流れていきますよね。だから、それをやっぱり形に残したいっていうふうな写真だと思うんですよ。Skytree11

■エンディング■

AKB48の二人が隅田公園でスカイツリーをバックに「皆さんが撮ったスカイツリーの写真を大募集しています!詳しくは番組ホームページまで」(テロップには締め切り日と5/6の日付けとWebサイトのURL)。

 

 

2011年11月 3日 (木)

世界最速スパコン「京」が入っている建物の前の巨大そろばんのオブジェ

SorobanKei 昨日の朝日新聞に世界最高速スーパーコンピュータ「京」の全面広告が掲載されてました。800台ものラックがずらりと並び建物全体がスパコンになっていて、全体で1秒間に1京回の計算ができる優れものです(1番じゃなきゃダメなんです!)。
 この「京」は、神戸ポートアイランドにある理化学研究所計算科学研究機構の建物の中に鎮座しています。この夏、7月22日に写真の右側に隣接している兵庫県立大学大学院に、非常勤講師として特別講義に行った際に撮影した写真をいつかブログにアップしようと思っていたのですが、この記事で思い出してアップすることにしました。
 ビルの前には、巨大そろばんのタマを縦に並べたようなオブジェがあります。ビルの前で、「これ全体の大きさがスパコンかぁ」と思うとかなり感動します。私の大学時代の研究テーマは並列処理による高速計算機アーキテクチャ設計でしたが、実際に開発していたプロトタイプの大きさは、電子レンジぐらいの大きさでしたから。
Riken そうそう最寄り駅の名前も「京コンピュータ前」となっていました。駅名に『コンピュータ」の文字が入っている駅は、日本でもここだけではないでしょうか。
 
 今年で7年目になった兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科での「インターネット広告ビジネスの最前線」の3時間にわたる特別講義の内容は、基本フォーマットに毎年のトピックスを加えていっていますが、今年は下記の7,8項にある「Ad Exchange / DSP / SSP」といった新世代アドネットワークと、Facebookに代表される「ソーシャルメディア広告」を加えてみました。Ekimei

【 講演内容 】━━━━━━━━━━━━━━━━
1.インターネット広告の具体事例
2.なぜインターネット広告が注目されているのか
3.インターネット広告の模式化・指標・最適化
4.インターネット広告配信技術
  ・ターゲティング広告配信
  ・アドネットワーク
  ・スマートフォン広告
5.サーチエンジン・マーケティング(SEM)
  ・リスティング広告
  ・サーチエンジン最適化(SEO)
6.ランディング・ページ最適化(LPO)
7.新世代ネットワーク広告( Ad Exchange / DSP / SSP )
8.Facebook広告 ~ソーシャル化するWeb領域~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kougi久々のブログ更新となりました。

2011年5月 7日 (土)

懐かしいJR関西本線のSL写真を発見( D51 1号機 / D51 882号機 )

D51-882  ここしばらく親の見舞いに大阪の実家に帰ることが多いのですが、その際、中学生の頃に自分で撮影・焼き付けをした懐かしい2枚のSL写真を数10年ぶりに発見しました。
 僕がまだ小学生の頃までは大阪の天王寺駅まで蒸気機関車(SL)が来ていました(記念列車だけだったかもしれませんが記憶が曖昧です)。中学生の頃になると、貨物列車もほとんどが蒸気機関車からディーゼル機関車に替わっていき、関西本線の木津駅以西までよく撮影に行きました
 上のD51 882号機(いわゆるデゴイチです)の写真は、その頃の写真で、たぶん三重県の加太駅を亀山側に歩いていったところにあった短い鉄橋だったと記憶しているのですが、この写真の撮影の頃にはSLの運行は日中すでに3本程度に減っていて、橋の下の浅い川の中に三脚を構えて2時間川遊びしてはSLが来る時だけ集中してシャッターをきっていました。鉄橋は短いし、下から見上げるアングルなので、1本あたりせいぜい3枚ぐらいしかシャッターがきれないので、2時間で3枚撮影というかなり非効率な撮影でしたが、とても楽しい思い出になりました。この882号機は大阪の茨木市の真龍寺というところで保存されているそうですので、是非一度寄ってみたいと思います。D51-1
 下のD51 1号機の写真は、中学3年頃の関西本線でのSL最終記念列車だったと記憶しています。月ヶ瀬駅からしばらく歩いたところだったように思うのですが、場所の記憶が曖昧です。ただ、この撮影の後、振り返って去って行くSLを追いかけていたところでSLが1キロぐらい先で急ブレーキをかけて停止し、その後、救急車がやってきたのを覚えています。SL撮影者が線路に寄りすぎて、飛ばされてしまったようでした。SLがいよいよ無くなる頃には、にわかファンも増えて、この種の事故がよくありました。この1号機は京都の梅小路蒸気機関車館に保存されているそうです。
 今回、D51情報を調べるのに、ネット検索がすごく役に立ちました。あの頃のD51がどうなっているかの詳細なリストを記載した「D51の全兄弟」は凄いです。また、「関西汽車電車写真帖」にあった「関西本線(加太越え)のD51」「関西本線(伊賀路)のD51」「関西本線(木津以西)のD51」は、関西本線のD51の勇姿がほんとうによく撮れています。
 今回の2枚の写真はちゃんとスキャンしたものでなく、とりあえず畳の上に置いた写真をデジカメで撮影したもので、斜め確度で撮ったものを台形補正すらしてませんが、いつかちゃんとスキャンして、たいせつに保存していきたいと思います。

続きを読む »

2010年11月 7日 (日)

東京スカイツリー近くの4つの橋から素敵な写真が撮れました(497m)

Tokyo SkyTree (Asakusa)  浅草で東京時代まつりが開催される文化の日に、浅草駅から押上駅あたりを散歩してみました。非常に天気がよい日で、東京スカイツリーの近くにある4つの橋、吾妻橋(浅草駅近く)、現森橋(隅田公園近く)、東武橋(業平橋駅近く)、京成橋(押上駅近く)から素敵な写真が撮れました(写真はクリックで拡大します)。
 最初の写真は、吾妻橋の浅草駅側から隅田川の向こうに見える東京スカイツリーを見た風景で、アサヒビール本社と墨田区役所のビルの間に東京スカイツリーを望む風景です。このアングルは間違いなく、東京スカイツリー完成後の定番記念撮影ポイントになるでしょうね。
Tokyo SkyTree (SPACIA)  現森橋では、本当に運の良いシャッターチャンスに遭遇できました。現森橋に到着するやいなや、屋形船の後方から東武特急スペ-シアがこちらに向かって来ていて、その向こうにばっちり東京スカイツリーがそびえ立ち、しかも東京スカイツリーの近くにはジャストタイミングでヘリコプターまで飛んでいる。マニアらしい人たちはこの瞬間を待って長らく三脚を立てて待っていたと思うのですが、なんだかとっても得をした気持ちになりました。
Tokyo SkyTree (497m) 5  東武橋は業平橋駅のすぐそばにあるので毎回ここから北十間川に沿って、押上駅方向の京成橋まで歩くのが定番ですが、ここが一番東京スカイツリーの工事現場を間近で見られる場所です。タワーは着々と500メートル近くまでできあがってきていて、今まで見たことのない高さに物凄いボリュームの展望台があり圧倒されます。
 タワー周辺の商業施設も着々とできあがって来ていました。東武橋からは水族館が入るビルのすぐ向こうに東京スカイツリーがそびえ立つ風景が見られ、Tokyo SkyTree (497m) 8 京成橋からはオフィスやスクールが入るビル(このビルあっという間にできあがった気がします)の向こうに東京スカイツリーがそびえ立つ風景が見られました。
 世間で騒ぎ始めたタイミングから少し遅れて周辺のお店などが変わってきたような感じがします。おしなりくんグッズも種類が増えましたし、OshiNari-Kun (Omikoshi) おしなりくんの絵やキャラクタをつかった店頭看板もここ半年でずいぶん増えました。後、気になったのは、スカイツリーの周辺のお店でたくさんの大きな鏡が置かれていたことです。これはどう使うかというと、スカイツリーを背にして、鏡に映ったスカイツリーを写真に収めるというものです。何もスカイツリーが目の前にあるのに、そんなことをしなくてもと思われるかもしれませんが、カメラを鏡に寄せると案外邪魔なものが回りに写らず綺麗にスカイツリーがカメラに収まります。鏡から少し離れて写真を撮っていると、わざわざクリーニング屋さんが店の前まで来て、綺麗に写真を撮る方法を教えに来てくれました。下町っぽくて、いいですよね。Tokyo Sky Tree (Kagami)

続きを読む »

2010年10月31日 (日)

Googleのおかげで葛飾北斎生誕250周年記念日に北斎のお墓をお参りできました

Hokusai 250 google Katsushika Hokusai 3  家から北斎のお墓がある誓教寺までは歩いて5分かからないところにあり、前から気にはなってはいたものの、なかなか行くきっかけがありませんでしたが、今朝Googleを使い始めたら、トップページのロゴが北斎代表作「富嶽三十六景」をアレンジした絵になっていて、今日がちょうど北斎生誕250周年だということをわかったので、迷わず朝から北斎のお墓参りをしてきました。
Katsushika Hokusai 1  入口にある都旧跡の案内板には北斎誕生が9月とあり、また、お寺の門も閉じられていたので、一瞬日付間違いとも思ったのですが、誕生日は間違いなく、旧暦の9月23日、新暦の10月31日でした。お参りに来た時には、お寺の門は閉まっていたのですが、興味深そうに門の中をのぞいていたら、お寺の方が、北斎のお墓目当ての人だと気がついてくれて、丁寧に門からお寺の裏にある北斎のお墓への行き方を教えてくれました。
Katsushika Hokusai 4  北斎のお墓はお墓の中で唯一屋根があり、雨露からお墓を守っていました。北斎という文字はお墓の屋根のネームプレートらしきものだけで、墓石の基礎には「川村」という家の名前だけが書かれていました。墓石のど真ん中の文字が「人卍」しか読めなかったのですが家に帰ってきて検索してみて、この文字は「画狂老人卍墓」と書かれていることがわかりました。Katsushika Hokusai 2 お寺の門のところから見えた銅像も葛飾北斎だということに、お墓参りの帰りに気がつきました。
 帰ってきて、北斎の画集を久々に見ました。そもそも画集は5冊しか持っていない私ですが、そのうちの3冊が浮世絵、そのうちの2冊が北斎です。あらためて北斎の大胆な絵の構図に感心しました。

続きを読む »

2010年7月24日 (土)

けったいな「大阪名物 元祖たこむす」

Takomusu 1  出張の時に新大阪駅で買った「たこむす」。「天むす」の天ぷら部分がたこ焼きになったもので、珍しさ優先で衝動買いしました。Takomusu 2 醤油味のたこ焼きがおむすびの上にのっていて、後はお好みでマヨネーズというシンプルなものです。5個入りで682円と手頃な値段ですが、ご飯中心メニューなのでビールのつまみにはちょっと厳しいかな。弁当のフタの裏には、当て字の「多幸結」の文字と、電子レンジで温めてもおいしいと書かれているものの、一部持ち帰るというのも面倒だし、気にせずいっきに完食。そういえば小学校の頃(大阪)、近くの駅前にあった醤油味だけのたこ焼きがおいしかったことを思い出す。

2010年7月11日 (日)

地下鉄銀座線上野駅から地上に出る踏切には線路側にも遮断機あり

 銀座線を渋谷から浅草方向に乗っていると、極まれに「上野止まり」という電車に遭遇します。上野で乗客が全員降りた後、あの電車はいったいどこにいくんだろうという答えが、このビデオです。実は、空になった電車は、上野駅から地上に出て「上野検車区」という車庫に向かうのです。その途中の地上で一カ所、道路を横切るところがあり、ここにはよく見かける車や人を止めるための普通の遮断機があります。また、この道路側の遮断機が上がっている時に(ほとんどの時間がそうですが)、勝手に地下鉄の線路の方に人が入って来ないように、線路側にも遮断機があります。このような線路側の遮断機を「軌道遮断式踏切」と言いますが、日本の地下鉄ではここだけだそうです。
 このビデオを撮影した前日にたまたま「上野止まり」に乗り、昔、鉄道マニアだった私は、突然、明日撮影しに行こうという気になったのですが、実際に電車がいつ上がってくるという時刻表があるわけではないので、上野駅の一つ手前の駅の上野広小路駅から浅草方面行きで「上野止まり」になる電車の時刻表から時間を推定して待ち伏せしましたが、狙い通りの時間に電車が地上に上がってきた瞬間はとても感動しました。このあたりに住んでいる人でも滅多に見ることのない貴重な風景です。

フォトアルバム