2013年11月 4日 (月)

LEAP Motion × Google Earth で東京上空を遊覧飛行できるようになりました

Leap_motion_hardware_2

1月ほど前に購入した 空中ジェスチャ操作デバイス「LEAP Motion」ですが、ちょこちょこ使っている間にずいぶんと慣れてきました。LEAP Motion のアプリはいろいろありますが、Google Earth のためだけに購入しても十分価値があると思うぐらい、この組合せはお気に入りです。

 下記の映像は、隅田川を日本橋あたりから東京湾に向かって下り、中央卸市場~浜離宮あたりで汐留方面を眺め、自分のオフィスのあるイタリア街を通り抜けて、東京タワーのてっぺんまで行き、そこで右旋回しながら皇居へ下りていき、最後は東京駅丸の内中央にまっしぐらというコースです。自分に翼があれば一度はこういうコースで飛んでみたいものです。

LEAP Motion × Google Earth で東京上空を遊覧飛行できるようになりました
YouTube: LEAP Motion × Google Earth で東京上空を遊覧飛行できるようになりました

 LEAP Motion は、パソコンの USB に指して使う 8 x 3 x 1 cm 程度の手のひらに入るぐらいの小さなデバイスですが、中に赤外LEDと2つのカメラとフラッシュメモリとUSBコントローラーが入っているぐらいだそうなので、基本的に本体PCのソフトで指の動きを処理しているのでしょうね。利用時は、AIRSPACE というソフトを起動し、そこから LEAP Motionのアプリを起動しますが、いくつかはプリインストールされていて、後は気に入ったアプリ(無料~$4ぐらいのものが多い)を iTunes Store でアプリを買うような感じでダウンロードして使います。

LEAP Motion のアプリで遊ぶ
YouTube: LEAP Motion のアプリで遊ぶ

 下記の映像には、指の動きをどうセンスしているかがよくわかるプリインストールされているLEAP Motionのオリエンテーション用ソフト、MIDNIGHTというスクリーンセーバーのようなものを指で操作できるクリエイティブツール、ESCAPE VELOCITYという宇宙船を操作するゲームの3つを記録してみました。あれこれ他のツールも撮影してみたのですが、指の動きとアプリを同時に撮影するのが難しく、最終的にうまく撮影できたのがこれだけでした。LEAP Motion のアプリで遊ぶ

 下記の映像は、1ヶ月前に LEAP Motion が届いた後に、パッケージを開封しながら、撮影したもので、大きさ感や Apple製品を意識したパッケージデザインを感じられると思います。Webブラウザを使うだけなら、PCでなくタブレットで十分ですが、この種の面白いデバイス(せいぜい1万円ぐらいのもの)をつなげて使うというおもしろさがまだまだPCにはありますね。

Leap Motion 開封
YouTube: Leap Motion 開封

2013年6月22日 (土)

あんぱん専門店「あんですMATOBA」の品揃えはすごい

Matoba

Photo_2  テレビで一度見て、近くなので一回行ってみようと思っていた、浅草観音裏の ★あんぱん専門店★「あんですMATOBA」に行きました。いろいろあって迷いましたが、黒ごまきなこあんぱん、甘栗あんぱん、ずんだあんぱん、小倉あんぱんの4つを買いました。写真のあんぱんは甘栗あんぱんですが、私は黒ごまきなこあんぱんを食べました。評判通り美味しいです。次回は、小倉フラワー、黒糖あんぱん、みそあんぱん、塩小倉あんぱん に挑戦しようと思います。店は浅草寺の裏の言問通りを挟んだところで、スカイツリーとツーショットが撮影できる位置関係です。
Matoba_skytree

2012年4月30日 (月)

先日出演の NHK BSプレミアム「ふるさとスカイツリー とっておきの一枚」1分ミニ番組を逆シナリオ化

Skytree2先日、3時間取材協力をし、4/28,4/29に放送された広屋出演の NHK BSプレミアム「ふるさとスカイツリー とっておきの一枚」(1分ミニ番組)の映像を逆シナリオ化しました。たった1分の映像ですが、取材ボリュームと編集でここまでの品質になるんだと、あらためてNHKの力量を実感しました。投稿写真募集期間中にまだ数回放送される可能性があるようです。

【 シナリオ 】

■イントロ■

AKB48の菊池あやかと宮崎美穗の二人が、隅田川のそばの遊覧船乗り場のあたりを、シャボン玉で遊びながら、軽快に歩いている。 Skytree7隅田川の向こうにはスカイツリーとアサヒビール本社ビルが見える。

隅田川の上にシャボン玉と一緒に「ふるさとスカイツリー とっておきの一枚」という番組タイトルが現れ、AKB48の二人がタイトルコール。

■本編■

投稿したスカイツリーの初期の工事現場の写真が出ている。テロップには”「東京スカイツリーの一番最初の風景」広屋修一さん撮影”。

同じ写真が写っている自宅のテレビの前で、私が話し始める。 Skytree9

工事現場の最初が、スカイツリーそのもののふるさとっていうふうな意味合いもあるかなって思って、おもしろいかなっと思って、ちょっと投稿してみました

映像にはパソコン上の複数の写真がちらりと見える。

映像は屋外へ移り、東武伊勢崎線線とうきょうスカイツリー駅の周辺の歩く私の姿。

だけど正直、行ったらもうちょっと盛り上がってるかなっと思ったんですけど、はじめ全然盛り上がってなかったんで、それは結構意外だったですけどねSkytree8

2008年7月の着工以来撮ってきた写真はおよそ700枚に及ぶ」というテロップの右側に昔の工事現場や建築中のスカイツリーの写真が何枚か出る。

私がツリーのすぐ下からカメラを上に向けて撮影するシーンが続く。

ある日突然どこへ行っても見えるっていう、なんかこう悟りの境地みたいな感じになるんですよ」(この語りはツリー直下でなく地元で語った言葉なのでちょっとミスマッチかも)

押上の著名なスカイツリー写真撮影スポットの橋の上でカメラを構えながら、

記憶って流れていきますよね。だから、それをやっぱり形に残したいっていうふうな写真だと思うんですよ。Skytree11

■エンディング■

AKB48の二人が隅田公園でスカイツリーをバックに「皆さんが撮ったスカイツリーの写真を大募集しています!詳しくは番組ホームページまで」(テロップには締め切り日と5/6の日付けとWebサイトのURL)。

 

 

2011年3月15日 (火)

行政単位で「計画停電」を確認し周知する仕組み

Taito-ku  個人では東京電力コールセンターへつながらず、報道経由での「計画停電」情報が錯綜する中、台東区公式サイトのように行政毎で確実な停電情報を確認してもらい区の公式サイト・トップページで掲載してもらえるのはたいへん助かります(携帯サイト含む)。本日は町中を走る停電直前の広報車の音声で気がつきましたが、この取り組みが拡大され、広く知られることが望ましいと思います。

3月14日 台東区トップページでの掲載例
一部報道において、本日、午後5時から午後7時まで、第5グループの一部において、停電する可能性が高いと報道されておりますが、あらためて東京電力に確認いたしましたが、3月14日(月曜日)に関しては、台東区内の停電はありません。(3月14日午後4時時点の情報ですが、今後の状況次第で変更する可能性もあります。最新情報が入り次第ホームページ等でお知らせします。)

2010年11月 7日 (日)

東京スカイツリー近くの4つの橋から素敵な写真が撮れました(497m)

Tokyo SkyTree (Asakusa)  浅草で東京時代まつりが開催される文化の日に、浅草駅から押上駅あたりを散歩してみました。非常に天気がよい日で、東京スカイツリーの近くにある4つの橋、吾妻橋(浅草駅近く)、現森橋(隅田公園近く)、東武橋(業平橋駅近く)、京成橋(押上駅近く)から素敵な写真が撮れました(写真はクリックで拡大します)。
 最初の写真は、吾妻橋の浅草駅側から隅田川の向こうに見える東京スカイツリーを見た風景で、アサヒビール本社と墨田区役所のビルの間に東京スカイツリーを望む風景です。このアングルは間違いなく、東京スカイツリー完成後の定番記念撮影ポイントになるでしょうね。
Tokyo SkyTree (SPACIA)  現森橋では、本当に運の良いシャッターチャンスに遭遇できました。現森橋に到着するやいなや、屋形船の後方から東武特急スペ-シアがこちらに向かって来ていて、その向こうにばっちり東京スカイツリーがそびえ立ち、しかも東京スカイツリーの近くにはジャストタイミングでヘリコプターまで飛んでいる。マニアらしい人たちはこの瞬間を待って長らく三脚を立てて待っていたと思うのですが、なんだかとっても得をした気持ちになりました。
Tokyo SkyTree (497m) 5  東武橋は業平橋駅のすぐそばにあるので毎回ここから北十間川に沿って、押上駅方向の京成橋まで歩くのが定番ですが、ここが一番東京スカイツリーの工事現場を間近で見られる場所です。タワーは着々と500メートル近くまでできあがってきていて、今まで見たことのない高さに物凄いボリュームの展望台があり圧倒されます。
 タワー周辺の商業施設も着々とできあがって来ていました。東武橋からは水族館が入るビルのすぐ向こうに東京スカイツリーがそびえ立つ風景が見られ、Tokyo SkyTree (497m) 8 京成橋からはオフィスやスクールが入るビル(このビルあっという間にできあがった気がします)の向こうに東京スカイツリーがそびえ立つ風景が見られました。
 世間で騒ぎ始めたタイミングから少し遅れて周辺のお店などが変わってきたような感じがします。おしなりくんグッズも種類が増えましたし、OshiNari-Kun (Omikoshi) おしなりくんの絵やキャラクタをつかった店頭看板もここ半年でずいぶん増えました。後、気になったのは、スカイツリーの周辺のお店でたくさんの大きな鏡が置かれていたことです。これはどう使うかというと、スカイツリーを背にして、鏡に映ったスカイツリーを写真に収めるというものです。何もスカイツリーが目の前にあるのに、そんなことをしなくてもと思われるかもしれませんが、カメラを鏡に寄せると案外邪魔なものが回りに写らず綺麗にスカイツリーがカメラに収まります。鏡から少し離れて写真を撮っていると、わざわざクリーニング屋さんが店の前まで来て、綺麗に写真を撮る方法を教えに来てくれました。下町っぽくて、いいですよね。Tokyo Sky Tree (Kagami)

続きを読む »

2010年10月31日 (日)

Googleのおかげで葛飾北斎生誕250周年記念日に北斎のお墓をお参りできました

Hokusai 250 google Katsushika Hokusai 3  家から北斎のお墓がある誓教寺までは歩いて5分かからないところにあり、前から気にはなってはいたものの、なかなか行くきっかけがありませんでしたが、今朝Googleを使い始めたら、トップページのロゴが北斎代表作「富嶽三十六景」をアレンジした絵になっていて、今日がちょうど北斎生誕250周年だということをわかったので、迷わず朝から北斎のお墓参りをしてきました。
Katsushika Hokusai 1  入口にある都旧跡の案内板には北斎誕生が9月とあり、また、お寺の門も閉じられていたので、一瞬日付間違いとも思ったのですが、誕生日は間違いなく、旧暦の9月23日、新暦の10月31日でした。お参りに来た時には、お寺の門は閉まっていたのですが、興味深そうに門の中をのぞいていたら、お寺の方が、北斎のお墓目当ての人だと気がついてくれて、丁寧に門からお寺の裏にある北斎のお墓への行き方を教えてくれました。
Katsushika Hokusai 4  北斎のお墓はお墓の中で唯一屋根があり、雨露からお墓を守っていました。北斎という文字はお墓の屋根のネームプレートらしきものだけで、墓石の基礎には「川村」という家の名前だけが書かれていました。墓石のど真ん中の文字が「人卍」しか読めなかったのですが家に帰ってきて検索してみて、この文字は「画狂老人卍墓」と書かれていることがわかりました。Katsushika Hokusai 2 お寺の門のところから見えた銅像も葛飾北斎だということに、お墓参りの帰りに気がつきました。
 帰ってきて、北斎の画集を久々に見ました。そもそも画集は5冊しか持っていない私ですが、そのうちの3冊が浮世絵、そのうちの2冊が北斎です。あらためて北斎の大胆な絵の構図に感心しました。

続きを読む »

2010年7月11日 (日)

地下鉄銀座線上野駅から地上に出る踏切には線路側にも遮断機あり

 銀座線を渋谷から浅草方向に乗っていると、極まれに「上野止まり」という電車に遭遇します。上野で乗客が全員降りた後、あの電車はいったいどこにいくんだろうという答えが、このビデオです。実は、空になった電車は、上野駅から地上に出て「上野検車区」という車庫に向かうのです。その途中の地上で一カ所、道路を横切るところがあり、ここにはよく見かける車や人を止めるための普通の遮断機があります。また、この道路側の遮断機が上がっている時に(ほとんどの時間がそうですが)、勝手に地下鉄の線路の方に人が入って来ないように、線路側にも遮断機があります。このような線路側の遮断機を「軌道遮断式踏切」と言いますが、日本の地下鉄ではここだけだそうです。
 このビデオを撮影した前日にたまたま「上野止まり」に乗り、昔、鉄道マニアだった私は、突然、明日撮影しに行こうという気になったのですが、実際に電車がいつ上がってくるという時刻表があるわけではないので、上野駅の一つ手前の駅の上野広小路駅から浅草方面行きで「上野止まり」になる電車の時刻表から時間を推定して待ち伏せしましたが、狙い通りの時間に電車が地上に上がってきた瞬間はとても感動しました。このあたりに住んでいる人でも滅多に見ることのない貴重な風景です。

2010年5月 4日 (火)

浅草六区から見る「東京スカイツリー」と「浅草公会堂」

Asakusa sky tree  最近、休みの日に「浅草六区」あたりをぶらぶらすることが多くなりました。結構近くには住んでいるのですが、浅草というと浅草寺参道の仲見世通りの混雑が思い出され、休みの日にわざわざ人混みにいくのもなぁという思いがあったのですが、つくばエクスプレスの浅草駅から浅草公会堂あたりまでの「浅草六区」近辺はほどよく賑わいがあり、演芸あり、人力車あり、おもしろいお店あり、たまにROXスーパーマルチコートでイベントありとぶらぶらしていて退屈しない場所です。
Asakusa kaede  の写真は「浅草六区通り」から「伝法院通り」へ入ってすぐの場所から、「東京スカイツリー」が見えるんだと初めて気がついた時のものです。浅草公会堂の左横、仲見世通りの方向に見えます。東京スカイツリーが完成した時には、浅草のもっと広いエリアから見えるようになりそうです。
 この「浅草六区通り」と「伝法院通り」のつなぎ目に、見てくれはわるいけれどリーゾナブルプライスでそこそこおいしい和菓子の「楓」というお店があって(の写真)、店先でおはぎ桜餅などを売っています(他にもいろいろ売ってますが詳細はコチラ)。

2010年4月 4日 (日)

東京スカイツリー周辺商店街のイメージキャラクタ「おしなりくん」の家は浅草通り沿い

Oshinarikun 2 Oshinarikun 3  東京スカイツリーの最寄り駅は、京成電鉄・都営地下鉄/東武鉄道・東京メトロの共同駅の「押上駅」と、東武電鉄の「業平橋駅」ですが、地元の商店会が「押上」と「業平」の頭文字をとって名づけたイメージキャラクタが「おしなりくん」です。在原業平をモチーフに、東京スカイツリーをイメージした烏帽子(えぼし)をかぶった、かわいいけれど、ちょっと古風なキャラクターです。業平駅から見て東京スカイツリーの反対側の浅草通り沿いの空き家に看板を貼り付けただけの造りの「おしなりくんの家」がありますが、お茶を出したり、写真のストラップなどの簡単なお土産を売っています。 Oshinarikun

東京スカイツリー、東京タワーの高さを超えて、見物客かなり増える(2010年4月)

338m  先週ついに東京スカイツリーの高さが東京タワーを超えたということで、5回目の工事現場見学に行ってきました。2008年7月の東京スカイツリー起工式直後に工事現場を一回りした時はひっそりした感じで現場の写真撮影をする人も少なかったですが、先週はかなりマスメディア露出していましたし、隅田川でのお花見ついでもあったのだと思いますが、昨日の東京スカイツリー見物者数はかなり多かったです。
 Viewpoint 東京スカイツリーの最寄り駅の東武伊勢崎線業平橋駅のホームでは、危険防止のため「ホーム上からのスカイツリー見学・撮影は禁止」というアナウンスを繰り返し、写真にも写っている駅近くの見学ポイントへ誘導していました。前回12月に見学に来た時には業平橋駅横にあった旧東武鉄道本社ビルが跡形もなく取り壊されていました。いよいよタワー周辺の商業施設の建設にも着手するのでしょう。
 昨日の時点で東京タワーの333mより5m高い338mでしたが、まだ最終的な高さの634mの半分強であり、これが今の2倍の高さになった時にタワー直下から見上げたら、それはすごいことになるだろうなとあらためて感じましたし、そろそろデジカメの広角レンズ側でも近くでは画角に収めるのがだんだん難しくなってきました。
 これだけ賑やかになってくると周辺で観光スポットができてきそうですが、案外回りは冷静な感じで、今のところ「おしなりくんの家」ぐらいしか、見当たりませんでした。
SkyTree 1 SkyTree 2 SkyTree 4 Sky Tree 5 SkyTree 3  

フォトアルバム