2012年1月22日 (日)

7.1ch ヘッドホン SONY MDR-DS7500 音・装着感・デザインに満足

MDR-DS7500 - h1MDR-DS7500 - h2 5.1ch を試してみたかったんですが、部屋のあちこちにスピーカー用の線を這わすのもなんだし、どうせマンションでめちゃめちゃ大きい音を出すわけにもいかないし、やっぱりヘッドホンだなと思い、写真の「SONY MDR-DS7500 デジタルサラウンドヘッドホンシステム」を買いました。MDR-DS7500 - h3
 音の分解能は相当高くて、最初にテレビに取り付けた時にたまたま「平清盛」をやっていたのですが、砂が動く細かい音が聞こえてきてハッとしましたし、昨日のベルリン・フィルのコンサートも楽器の音以外のリアルな雑音まで聞こえてきました。
 デジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-DS7500 は、いろいろな音声ソース情報を7.1chに変換して無線データでヘッドホンに送るプロセッサー部と、無線データから音声に変換しボリュームやエフェクト・ボタンがついたヘッドホン部の2つのコンポーネントからできています。
 MDR-DS7500 - mae以前に赤外線方式のワイヤレス・ヘッドホンを使っていた時は、赤外線が物で遮られると音が聞こえないので基本的に部屋の外では使えませんでしたが、このヘッドホンは無線でデータを最大30m飛ばすですので、トイレの中まででもずっと音は聞こえています。
 MDR-DS7500 - ushiroプロセッサー部への入力は、HDMI IN/OUT、OPT IN/OUT、LINE IN などが使え、音声効果として、シネマ/ゲーム/話し言葉などの3つのEFFECTが選択できます。この他にもいろいろと制御できるところがありますが、今はあれこれ試している最中です。
 MDR-DS7500は、機能も豊富ですが、音・装着感・デザインといった基本的なところが非常によくて、今日もこのソフトで、このモードで試してみようかなと思うわくわく感があります。
MDR-DS7500 - yoko

2010年7月 4日 (日)

ネオ・デジタルネイティブの次の世代はダブル・ネットワーク駆使の世代か?

Neo-digital-native  最近「ネオ・デジタルネイティブの誕生~日本独自の進化を遂げるネット世代」という本を半分ほど読んだところですが、そこには”デジタル環境が当たり前のものとして存在している環境で育った世代である”デジタルネイティブ”と、さらにその次の世代である”ネオ・デジタルネイティブ”について書かれています。PC利用リテラシィの高い76世代を”デジタルネイティブ世代”、ケータイ利用リテラシィの高い86世代を”ネオ・デジタルネイティブ世代”と思い切って区分し、下記のように特徴づけています。

76世代:デジタルネイティブ
  PCで書く、ケータイで読む
  40インチ以上のテレビが大画面
  テレビとPCのダブルウィンドウ

86世代:ネオ・デジタルネイティブ
  ケータイで書く、PCで読む
  PCの画面が大画面
  テレビとケータイのダブルウィンドウ

 なるほどねぇと思いつつも、ほんとうにそんなにはっきり差があるのかなと思いながら、先週金曜日の兵庫県立大学院の講義でも、学生に「ネオ・デジタルネイティブ」特性の一つである「大学のレポートの文章を全部ケータイで書いている人いますか?」と質問してみたところ、社会人学生の多い講義であったせいか、「ネオ・デジタルネイティブ」を発見することができませんでした。ただ、私の大学生の子供は確かに「ネオ・デジタルネイティブ」特性を持っているので、大凡納得はしています。

MGO  一方、”ネオ・デジタルネイティブ”のさらに次の世代(”ネオ・ネオ・デジタルネイティブ”とでも言うのでしょうか)もすでに存在しています。私の高校生の子供がこれにあたります。ネット接続されたプレステ3上のメタルギア・オンラインで8人対8人のゲーム対戦をする際に、ネット上で見つけた赤の他人と徒党を組んで、スカイプで作戦行動についてリアルタイムで相談しながら、集団対集団でゲームを行っています。たまに、スカイプ経由で「すいません」とか言いながら見えない相手に頭を下げて、見ず知らずの人に謝っていることもあります。まさに、ダブルスウィンドウ×ダブルネットワークの利用形態です!
 実際、さらに驚いたのは、メタルギア・オンラインで知り合った人たちと、3Dアバター空間の Home 内のボーリング場でオフ会をやっているのです(これをオフ会というのかどうか)。いつもメタルギア・オンラインの戦闘シーンでしか会わないあの人もボーリング場ではああいう服装で、礼儀正しいんだということがわかったりする驚きがあるわけです(お父さんとしてはその状況自身が驚きだったりするわけですが)。
 人類の進化(変化?)は、単に利用しているデジタル・デバイスの変化だけではなく、その利用態度の変化こそが注目されるべきかもしれません。デバイスの大きさが違うからこういう広告がいいとかいう議論は旧世代間でしか意味のない議論であることもあるでしょう。増えつつあるデジタルデバイスへの対応については、各世代の各デバイスに対する感性や各ネットワークに対する感性をよくよく吟味する必要があるのかもしれないと感じ始めた今日この頃でした。

2009年8月14日 (金)

Wiiスポーツリゾート「100ピン ボーリング」は爽快!

Wiisportsresort 夏休みにトライしてみようと楽しみにしていた「Wiiスポーツリゾート」を買って、ちょっと遊んでみました。ピンポン、アーチェリーがお気に入りです。前作 Wiiスポーツにしても、今回の Wiiスポーツリゾートにしても、「見た目はリアリティ追求型だけれど、やってみると実は現実よりもうまくできて気持ちいいWiimotionplusというところがよくできていると思うのですが、この100ピン・ボーリングは、ずらりとピンが100本並んでいる現実離れした見た目で、いかにもゲームの世界だなぁと関心しました。初めて投球した時に、ピンがバリバリ、バリバリと倒れていった時はほんとうに爽快でした。「モーションプラス」によりリモコンが若干長めになりましたが、これによってより細かな動きをインプットできることになり、ゴルフも Wiiスポーツよりクラブのスイングが自然になりましたが、Wiiスポーツのコースをいくつかそのまま利用しているのは、リゾートに来たという感覚からちょっとずれていて残念でした。とはいえ、全体としてはよくできていると思います。

2008年5月31日 (土)

リモコン片手で気軽に遊べるWiiウェア『役満Wii 井出洋介の健康麻将』

ScoreTable  1つ目のWiiウェアが「小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」で、このできがすごくよかったので、2つ目のWiiウェアを何にするかはかなり迷ったのですが、最近、対戦可能なマージャン・ゲーム『役満Wii 井出洋介の健康麻将』というやつがが出たというので、これをさっそく買ってみました。普段は、パソコン上のオンライン麻雀ゲーム Maru-Jan をたまにやるのですが、この完成度がめちゃくちゃ高いので、他の麻雀ゲームだと物足りないかもしれないなと思いつつも、麻雀の上達クイズとかいうのもあるし1000円だからということで買ってみました。Wiiで健康麻雀とかいうと、Wii Fit の板の上の上で汗をかきながら麻雀をするようなイメージがありますが(もしかしてそういう誤認も考えているかも)、「健康麻雀」というのは単に”賭けない・飲まない・吸わない”健全な麻雀ゲームを目指した「日本健康麻将協会」で定めたルールに基づく麻雀ということのようです。
MiiSerifu  ダウンロード後、さっそく始めてみたのですが、やり始めて1~2ゲームの間は、麻雀のリアリティはやっぱり Maru-Jan には劣るよなぁと思っていたのですが、途中から、「これってWiiリモコンのキー操作だけでやれる、大型液晶テレビに向かってごろりと寝転がってやれる(パソコンだとこうはいかない)、Miiキャラクターの台詞が憎めない超お気楽麻雀ゲームだな」と思いなおし、これはこれでいいかなと思いました。この延長線上に、捨てるべき牌を教えてくれる「サポート機能」や、振込みそうな度合いを表示してくれる「安全牌予測機能」(オンライン対戦時では使えず)などがあります。
 オンライン対戦もやってみましたが、………<続く>………

続きを読む »

2008年4月 5日 (土)

Wiiウェア「小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」、この品質で1500円は感動

Little_king  3月25日からWiiのゲームダウンロードサービス「Wiiウェア」が開始され、9タイトルがリリースされました。プリペイドで1000, 2000, 3000Wiiポイントを購入した後、500, 800, 1000, 1500Wiiポイントのゲームをダウンロードすることになります。3月末時点ではポイント毎に2本、1本、5本、1本のゲームが存在し、1000Wiiポイントのものが最も多いです。Wiiポイントの購入は、オンライン・カード決済か、携帯電話料金といっしょに引き落としか、店頭でプリペイドカードを買うか、コンビニでプリペイド番号を買うかの選択肢がありますが、私はオンライン・カード決済で購入しました。
 さっそく、一番値段の高い、といってもたったの1500円(1500Wiiポイント)の国造りRPG「小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」を購入しました。久しぶりのRPGのせいなのか、絵のファンタジーな感じが気持ちいいのか、国造りのプロセスが経営者マインドに響くのか(笑)、思った以上にはまっています。RPGでWiiらしいところを作り込むのはなかなか難しいですが、このゲームでは家を建てる時に王様の教育係のチャイムを呼び出す際にWiiリモコンを横に振るとこのキャラクターが出てきます(”アラジンと魔法のランプ”で魔法使いが出てくる感じ)。
 1500円のゲームということであまり期待してなかったのですが、これはパッケージで5800円で販売してもいけそうなクオリティで、「Wiiウェア」のプロモーション的な要素も強い1本であるにせよ、いかにパッケージ流通というものが製造・商流・在庫でコスト高なものだったのかと改めて認識させられます。また、500円と1500円のゲームはまだ充実していないので、「小さな王様と約束の国」を購入した人の半分ぐらいは500Wiiポイントを使わずにいそうで(2本目の1500円クラスへの期待感が大きい)、キャッシュフローも単品決済より改善しそうで羨ましいです。もちろん仕組み作りのための先行投資が必要なので、これが多少なりとも楽になるという程度でしょうか(今の任天堂さんの勢いからすれば、この程度の金額は関係ないかもしれませんが)。

続きを読む »

2008年3月30日 (日)

Wiiの「テレビの友チャンネル」は未来テレビの方向性を示唆

Wiitvguide1  3月開始のWiiチャンネルの一つ「テレビの友チャンネル Gガイド for Wii」は、テレビやレコーダー等についているTVガイドより使いやすい Wii流のテレビガイドです。様々な検索機能はもちろんのこと、他の人がどんな番組に興味をもっているかなどのネットワーク接続されていることで実現される「注目度」機能があるのがWiiらしい機能が満載です。また、Wiiのリモコンをテレビのリモコンとして使って、Wiiとテレビを行き来できるのも優れものです。Wiitvguide2 Wii の開発コンセプトのひとつに「家庭のテレビにチャンネルを増やす」という考えがあり、それを具現化したものがWiiチャンネルですが、このサービスはテレビのチャンネルを増やすだけでなく、大げさに言えば、テレビの基本機能のテレビガイド(Webサイトで言えばポータルサイト?)そのものをリプレイスするものと言えそうです。詳細は2分弱の YouTubeの映像をじっくり見てくださいテレビガイドの文字にカーソルをあてて、その文字を検索対象にできるあたりは、すごくいいです。これで、録画までコントロールできるようになれば(時間の問題?)、正に「未来テレビ」と言えるでしょう。

続きを読む »

2007年12月23日 (日)

「マリオの花札」と「任天堂の歴史」

Mariohanafuda_3  クラブニンテンドーのポイントが400ポイント貯まったので、以前から欲しかった「マリオの花札」に交換しました(子供が貯めたポイントもお父さんが搾取した形になってしまいました)。Mariohanafuda4_3Mariohanafuda2_3この花札、マリオに登場する各種キャラクターを花札に登場する動物などに強引に当てはめたものですが、今や世界を制するテレビ・ゲームメーカーも、 創業は京都の花札メーカー「任天堂」だったことを考えると、たいへん歴史的な意味を持つ花札だと思います。

Wii Fit のジョギングではバランスWiiボードは使いません

Wiijogging Wii Fit の有酸素運動のトレーニングの中に「ジョギング」があり、バーチャルな”ウィフィ島”の中をジョギングするのですが、ジョギングはバランスWiiボードの上では行わず、Wiiリモコンをポケットに入れて、リモコンが上下に振動することにより部屋の中で走っていることを認識します。部屋の中でただジョギングの真似をしろと言われてもむなしいですが、テレビの画面で風景が変わっていき、トレーナーに励まされながら走る真似をすると、ほんとうにジョギングしているような気になり、意外と気持ちがいいです。視覚というのは、ほんとうに大事ですね。この振動で走るペースをモニターするというやり方は、ある意味でリアルタイム万歩計みたいなもんで、そのうち「ジョッギング」だけでなく、野原を気持ちよく「ウォーキング」みたいなものも出てくるかもしれません。このリモコンの使い方、結構目から鱗でした。ちょっと長いですが、”ウィフィ島”を一回りする様子をYouTubeの動画でアップしておきます(スキージャンプで失敗した時に雪だるまになる映像もおまけでアップしておきます)。………<続きを読む>………

続きを読む »

2007年12月 9日 (日)

"Wii Fit"の「からだ測定」「トレーニング」は長続きする仕組みがいっぱい

BmiCal  Wiiフィットの「からだ測定」はグラフィカルな体重計というのが、どうして今までなかったのかと思うぐらい目から鱗な感じがします。単に測定するというのではなく、ゴールを明確化してそこに向かって、励まされながら、健康うんちくを聞かされながら、毎日続けられるしくみが、Wii Fit にはたくさん実装されています。一つは似顔絵キャラクター(Mii)に対応で、私のように自分風キャラを作ってWiiスポーツなどで楽しんでいる人が多いと思いますが、このキャラがそのままこのソフトでも使えます。また、 運動貯金が貯まると新しいトレーニングやゲームが増えたり、Stampトレーニング日に自分でハンコを押したり、ゲームの各所で励まされる感じは、Sum_2 NITENDO DS の脳トレゲーム「脳を鍛える大人のDSトレーニング」とよく似ています(脳トレに似た体トレという表現もおかしな表現ですが)。
 Wii Fit の「からだ測定」には、「体重測定→BMI計算」以外に「バランス測定」が複数の方法で用意されており、日々の各種「トレーニング」の結果がここに結果として出てきますが、Juushin下記のYouTubeの動画に例を示したように、「バランス年齢」の結果はドラマチックに盛り上げられた結果、ばっさりシビアな数字で表現されますので、たいていはトレーニングを続けなきゃという気になります。………<続きを読む>………

続きを読む »

「板です」のCMの"Wii Fit"の「バランスWiiボード」にはケーブルがなく、本体とは無線通信

Wii_fitPackage   発売日前から新橋駅で毎日見ていた「Wiiフィット」のポスターが気になっていたのですが、先週土曜日の発売日にたまたま見ていたTBSの「王様のブランチ」内のWii Fitの紹介コーナーで目がくぎ付けになり、そのままAmazonへ直行&購入。週中に届いていたのですが、週末になり、ようやく遊ぶ時間ができました。
Ura  「板です」というには結構重い3.5キロの「バランスWiiボード」ですが、SizeWii Fit のパッケージの箱はよくできていて、箱を開けると箱のフタに、黄色の目立つ紙で、板が壊れないようにどのように引き出すかの図面があります。また、故障時にすぐにこの箱に入れてサービスセンターに戻せるような、いくつかの配慮が見て取れます。Amazon また、すぐに遊び始められるように、単3電池4本がついているのも満足度が高いです(最近の任天堂の製品であれば流通在庫がないので、こういうことができるんでしょうねぇ)。後、体重は136キロ以下の人が対象だということが目立つようにパッケージに書かれていました。………<続きを読む>………

続きを読む »

フォトアルバム