2013年8月13日 (火)

ヤマダ電機で3Dプリンター Cube と CubeX の現物見てきました

Cube

 池袋のヤマダ電機LABI1日本総本店3階の3Dプリンターコーナーへ行ってきました。家電量販店でもついに3Dプリンター販売開始かとニュースなっていたやつです。初めて3Dプリンターの現物を見たのですが、いろいろな色のエントリーマシン Cube とそれらで印刷されたプラスチックの造形物がプリンターの回りにずらりと並んでいて感動しました。後、上位機種の CubeX が2台ほど置かれていたのと、壁沿いに機種別に作られた造形物がショーケースの中にが置かれていました。

Labi_1_3d_4

 1台の Cube が実際に稼働していて、動画の通り、網状の iPhoneケースを印刷していましたが、夏休みなので朝早めに店に行き、店員さんを独り占めにして質問を浴びせてきました。最大の関心事は衝動買いで Cube を買うか、家で大避難を浴びつつ上位機種 CubeX 購入を強行突破するかに関わる質問群ですが、その差異が聞いてみてよくわかりました(とはいえ Cubeも16.8万円の10%ポイントバックでハードルは高いです!)。

Cubex Cubeでは16色の樹脂が使えるのですが、一つの造形物には1色しか使えません。デスクトップに置くなら造形物の大きさは14cm立方のものまでで1色のみ(ヘッドは1つ)でいいという割り切りをしているようです。上位機種の CubeX はそれより造形サイズを大きくしたいか(Cube比1辺最大2倍弱)、同時色数を増やしたいか(最大3色)、積層ピッチを細かくしたい(Cube比1/2)という方が購入されそうですが、家に置くには値段以上にスペースが問題になりそうです。

 140 x 140 x 140mm、417,900円、1色 → Cube
 275 x 265 x 240mm、417,900円、1色 → CubeX
 230 x 265 x 240mm、459,900円、2色 → CubeX Duo
 185 x 265 x 240mm、522,900円、3食 → CubeX Trio

Cubeiphonecase

 3Dプリンターは樹脂を解かして薄く重ねていくことで造形しますが、使える樹脂はABS樹脂PLA樹脂の2種類があり、できあがりの堅さ、口に入れた際の安全性、色の塗りやすさ等により樹脂を選択するそうです。実際、できあがった造形物を触って見ると微妙な弾力性の違いや、造形中の歪みがわかりました。3Dプリンターはデータ通りのサイズにできあがりそうに思いますが、実際にこの素材選択や熱管理というのがノウハウのようです。

Cube_cubex_output_showcase

 3Dプリンターで利用するソフトとして、3次元図形データ用の標準フォーマットである.STLファイルを Cube での印刷用データに変換する Cube Software というものがあります。

これは単純に図形から積層印刷用のコマンドに変換するだけでなく、3次元図形を樹脂の積層で下から上に積み上げていく際に内部の構造をどうしておけば崩れないかの計算や、空中に浮いている図形を印刷時に支えるために後で取り除く取り除きやすい部位のデータ生成や、縦長の人形のようなものが倒れないような底面の薄い網のようなもののデータ生成など、物作りの詳細を意識しなくてもそれなりに物が作れる計算をしてくれます。このソフトは、3Dプリンターを購入しなくても、Cubifyのサイトからダウンロードして試すことができました。

Cubify1

 Cube Softwareがあれば流通している3次元図形データを取り込んでリサイズしたり傾けたりして印刷することができますが、大元の3次元画像に手を入れたり、大元の3次元図形データを一から作成したい場合などには、3Dモデリングソフトが必要です。様々なソフトがあると思います我、Autodesk 123D などのフリーソフトを利用することもできます。

 3次元図形データは Cubify が提供するマーケットプレイス以外にも、国内外で下記のようなものがあります。

 DMM 3Dプリント:  3Dプリンターがなくても印刷も依頼できるサイト
 DELMO: 3Dプリンター用フィギュアデータ共有サイト
 Thingiverse: 3Dデータダウンロードサイト
 Shapeways: 3Dプリンターデータのマーケットプレイス

Cubify2_3

 その他諸々情報としては、Cube購入時に1つ樹脂がつきますが、その色は選べないそうです。また、Cubeには Wi-Fi は着いているものの、信頼性高くファイル転送するにはUSB経由でデータを移すのがお勧めだそうです。

帰りに池袋のヤマダ電機LABI1日本総本店のすぐ裏にあるビックカメラ池袋本店パソコン館2階にも3Dプリンターーがあるとの情報で立ち寄りましたが、写真の通り「自作する3Dプリンター  CellP 組み立てキット」1台が展示されているだけでした。組立てキットは141,800円で組立てを依頼すると+35,000円とのことでした。対応してくれた店員さんは調整が難しいかもしれないので組立て依頼がお勧めなのと、3Dプリンターを買うのもいいけれど、DMMでは3D印刷のサービスなんかもやってますよと教えてくれました(これヤマダ電機対抗トーク?)。この3Dプリンターの領域、35年ぐらい前にパソコンの組み立てキットと完成品が店頭に併存していた時代を思い出させますね。

Cellp_2

 結局、Cube を買うかはまだ考え中なのですが、どう使うかのイメージがどれぐら膨らむか、マーケットプレイスにどれぐらい面白いものが手頃な値段で流通するかあたりが短期的な決め手になりそうです。今のところ、いいデザインや、おもしろ企画もの(例えばスタートレックの服装をした自分のフィギュア作りなど)はそれなりの値段がしています。先々は、複数色利用、樹脂の高級感、印刷スピードあたりが改善すると爆発しそうな気がします。

2013年6月16日 (日)

Flipboard で自分オリジナルの雑誌を作ってみました

Flipboardcover_2  パラパラと雑誌をめくる感じが病みつきになる"Flipboard" で「Cool Robots」という雑誌を作ってみました。
 Flipboard は、新聞・雑誌記事、ブログ、Twitter、Facebook、RSSリーダーなどをまとめて閲覧できるタブレット/スマフォ用アプリです。私はタブレットで見る雑誌のパラパラ感が一押しですが、電車の中で片手でスマフォを支えながら親指で記事をめくれるリーダーとしても重宝しています。このFlipboardのVer2.0からキュレーション機能がつき、ユーザー自身が簡単にオリジナル雑誌を作れるようになりました。
 オリジナル雑誌の超簡単な作成方法は、”雑誌名”を決めて、普段見ている Flipboard閲覧環境で、気になる記事があったら「+ボタンを押す(Filpする)だけです。これで”雑誌カバー”は最新記事画像を使い、初めに決めた雑誌名と3つほど最新記事のタイトルを雑誌カバーにのせてくれますが、これだけでも、とっても雑誌っぽいレイアウトになっていて、ちょっとした編集長気分を味わえます。
 もう少しだけ手を入れたくなったら、ブラウザ経由でログインして専用エディターを使うと、雑誌カバーを自分のお気に入りのものに固定したり、デフォルトはFlipした時系列で並んでいる記事の順番を変更したり(似たような記事をばらしたり、流れで見た時にメリハリがある画像が出現するように調整したり)、リンク切れの記事を削除したりというちょっとした編集ができるようになります。この専用エディターも機能を増やし過ぎず、あくまでも簡単にというコンセプトを貫いているように見えます。

2012年1月 3日 (火)

20年前の自分の技術論文にGoogle Booksで再会

MUSTARD - A Multiprocessor UNIX for Embedded Real-Time Systems アルファベットで自分の名前を検索していたら、20年前にNECで並列計算機用オペレーティング・システム(OS)の開発をしていた時に書いた英語の技術論文の全文にヒットしました。自分でもすでにどこにいったかわからない文書にネット上で遭遇するというのはちょっと不思議な気分です。
 論文のタイトルは、"MUSTARD: A Multiprocessor UNIX for Embedded Real-Time Systems"というもので、1991年4月に開催された"International Symposium on Shared Memory Multiprocessing"という学会で発表したもので、後に、"Shared memory multiprocessing"という本にまとめられ、Amazon でも販売されていたので Google Books の検索にヒットしたようです。
 4~8台程度のプロセッサがメモリを共有して動作しているシステム上に、組込み機器用のリアルタイム制御用OSが動作していて、さらにその上にユーザーインタフェース用のUNIX-OSが動いているという環境で、いかにしてリアルタイム制御の応答性能を落とさずにOS全体をコントロールするかという論文で、久々に眺めてみてとても懐かしく思いました。
 実は元旦に、1年放置していたロボットの組み立てを開始したのですが、サーボモーターの初期調整をするための制御ボードとパソコン間のシリアル通信がうまくいかず、めげていたのですが、昔はこういうの得意だったんですよね。。。

2009年8月15日 (土)

お台場・潮風公園の18m等身大ガンダム(RX-78-2)見てきました

Odaiba_gundam_17_2  ガンダム30周年記念イベントの一環として、東京・お台場・潮風公園に出現した「等身大ガンダム RX-78-2」見てきました。百聞は一見しかず、やっぱり凄いですねぇ。新橋駅から「ゆりかもめ」に乗ってレインボーブリッジの中央ぐらいまで来た頃に、ホテル日航東京や船の科学館の方向にある高い木の上からガンダムの胸の上ぐらいが見えているではないですか。
Odaiba_gundam_12 「ゆりかもめ」のお台場海浜公園駅からすぐの潮風公園に向かって、いかにもガンダム見学らしき人の流れ。そのうち、「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の看板が見えて、駅から5分ぐらいでしょうか。すぐに会場に着きました。やっぱりデカイ。ほんとうのガンダムって、これぐらいの大きさなんですね。頭の中でかってに対戦モード。「こんなもんが暴れたら怖いよなぁ。」とつぶやく。
Odaiba_gundam_11 私が最初にガンダムに気がついたのは、20数年前の再放送の時。今の主人公のようにかっこよくなかった頃です。Odaiba_gundam_14その後、なんだかんだいいながらテレビ放映したものは全部見ているような気がします。子供が小さかった頃は、3つ、4つプラモデルも作ったかな。
 会場にいる人がみん~なガンダムファンで、実際ガンダム自身はちょっと首が動いたり、光ったり、ミストが出るぐらいで普通だとじっとみていると飽きそうですが、みんな結構、30分に1回ぐらいのミニ・イベントを待って写真をバシャバシャ撮るは、焼きそばやお好み焼きを食べたり、結構たくさん人がいるんですが、結構のんびりした感じがしてました。多くの人がブログ・写真共有・YouTube でどんどんバイラルするので、間違いなくオンラインで、ガンダム・グッズたくさん売れますね。バンダイ・ナムコさん、さすがです。私の厳選ガンダム写真集はコチラです。

続きを読む »

2009年3月21日 (土)

身長3.4cmの超小型・二足歩行ロボット「ROBO-Q」買いました

Roboq_7Roboq_1 タカラトミー社製の、量産型では世界最小という人工知能搭載・二足歩行ロボット「ROBO-Qを買いました(この怪しげなキャッチが凄く気に入ってます)。10月の発表以来、発売を楽しみにしていたのですが、間があき過ぎて半ば忘れてましたが(笑)、先週、アマゾンを徘徊している時に見つけ、2500円とメーカー希望小売価格よりずいぶん安かったので、4種類のうち「フューチャーホワイト」というやつを衝動買いしてしまいました。Roboq_4
 人工知能搭載・二足歩行ロボットと言っても値段が値段ですから、あまり期待してはいけないと思いながら遊び始めましたが、ほんとうに小さい割りには、よくできています。動画の通り、おもちゃのパッケージのベロの部分を切り取ったプレートで迷路を作っても、センサーを使ってうまく脱出してきます(真っ正面に壁があるのは不得意そうなので、できるだけ斜めに障害物が出てくるように迷路を作る工夫はいります)。以前に紹介した超小型ヘリコプター同様、リモコンの方が大きくて、リモコンの方に本体のバッテリーチャージャーや、本体収納スペースがあります(どっちが本体だかわかりませんが)。………<続きを読む>………

続きを読む »

宇宙ゴミの最新データを Google Earth で可視化

 先日、国際宇宙ステーションに宇宙ゴミが接近し宇宙飛行士が一時待避したというニュースや、JAXAが宇宙ゴミをロボット衛星で取り除く技術を開発したとかいうニュースがあり、追跡されているものだけでも1万個以上あるという「宇宙ゴミ(スペースデブリ)」に興味がわき、ネット検索してみたら、なんと宇宙ゴミの最新データって Google Earth で可視化できるんですね。すごいです!
 下記の映像は、米戦略軍(USSTRATCOM)によりリアルタイムに追跡されている、すべての軌道上の物体データを Analytical Graphics社が Google Earth用に加工しており、その中から宇宙ゴミのデータだけを抽出して表現したものですが、宇宙ゴミがいかに多いかが「百聞は一見にしかず」でよくわかります。
 Google Earth用にダウンロードしたこの「軌道上の物体データ」は、国別とか稼働中かなどの分類もあり、チェックボックスをつけたりはずしたりするだけで簡単に”日本の稼働中の衛星”のような表示をさせることができます(このブログ参考になりました)。あらためて Google のやっている「世界中の知識を集約して、誰もが簡単に利用できるようにする」というフレームワークの凄さを感じました。
 ロボットの方にも興味があり、JAXAの宇宙ゴミ除去用ロボット衛星についても、JAXAサイトを徘徊してみましたが、最新のプレスやデータが見つからず、やや古めのプレスが見つかりました。気を回しすぎかもしれませんが、この種の技術は軍事機密に隣接しているんでしょうね。

【おまけ】Google Earth にデータ提供している機関へのリンク集  ………<続く>………

続きを読む »

2008年10月 5日 (日)

ガンダム00(ダブルオー)セカンドシーズン開始、なぜか対人兵器の名前が「オートマトン」

 待ってました、ガンダム00・セカンドシーズン前回のガンダム00の最終回が意外な不完全燃焼的な終わり方だったので気になってました。毎度のことながらガンダム・シリーズの第1話は何がなんだかわからないうちに終わってしまいますが、今回は前シーズンのキャラクターがかなり引き継がれていて、前回の最終決戦からは4年経っていて、地球連邦政府はできているんだけれど、その治安維持組織『アロウズ』が悪者で彼らと戦うという設定みたいですね。
 途中の戦闘シーンでコロニーに投入された対人兵器の名前が「オートマトン」って言うんですが、これって昔コンピュータを勉強した人には「有限オートマトンチューリングマシン、仮想機械」などというキーワードを次々に想起する言葉で、”ある状態”の仮想機械に”ある入力”がなされると”次の状態”に遷移するということを繰り返す単純化された仮想計算機です。この名前を実態のある対人兵器の名前につけるのは、ちょっと気持ち悪いなぁ。”ある入力”というのが"人間発見"で、”次の状態”が”人間攻撃”という状態なんでしょうから。

2008年3月29日 (土)

機動戦士ガンダム00(最終回) オーガンダムに始まり、オーガンダムで終わる

Ashlikesnow 「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」の最終回は、「意外な最終回でした」っていうか、「このシリーズ、第1弾は終わりましたが、まだまだ続きますよ、でも詳細な内緒ね」というちょっと不完全燃焼しそうな終わり方でした。刹那・F・セイエイエクシアアレハンドロ・コーナーの巨大モビルアーマーとの最終戦闘に刹那が勝利し、ほっとしたところに、ユニオンのグラハム・エーカーが、ただエクシア(刹那)と戦いたいが故に突進してきて相打ちであっけなく終わり。これでどうやって話を終わらせるのだろうと思っていたら、時代はいきなり4年後の2312年へ。ユニオン、AEU、人革連のすべての軍は「国際連邦平和維持軍」に統合されている。アレハンドロ・コーナーを裏切ったリボンズ・アルマークは何やら意味不明のことを口走り、第2弾ではあばれてくれそうな予感のみ漂わせた感じ。Stephanieプトレマイオスのチーフメカニックの"おやっさん"は星屑に隠れた秘密基地で、ガンダム開発を続けていて、そこに訪れた、ヘルメットごしでよくわからないけれど、たぶんワン・リューミンとホンロンらしき人間に秘密基地でガンダムを見せる。その機体は、第1話で刹那の子供の頃にクルジスで遭遇した、第1世代機の「オーガンダム」(初代ガンダムと顔がほぼ同じやつ)で、何がなんだかよくわからず終わってしまう。そして、最後の画面に書かれたテロップは"Mission Incomplete"。このシリーズ、続くっていうこと以外は謎のままです(案外シナリオまだできてなかったりして)。
 写真は「機動戦士ガンダム00」のオープニング主題歌の”The Brilliant Green”の「Ash Like Snow」と、エンディング主題歌の”ステファニー”の「フレンズ」のジャケット写真です。来週からこれが聞けないのがちょっとさみしいですね。

続きを読む »

2008年1月20日 (日)

YouTubeトップページの"おすすめ動画"に掲載されると5日間で1~7万回再生されます

Youtubetoppower  先日ブログで「あなたの動画がおすすめ動画に選ばれました」という、うれしいメールが来て1月5日からトップページに掲載開始されたという記事を書きましたが、トップページに掲載される前の動画再生回数が300回ぐらいだったものが、5日間でなんと1万8千回程度再生されました。恐るべし YouTubeトップページ! ただ、この動画はマニアックな「ロボット運動会」の映像だったので、この程度でしたがもっとおもしろそうな動画ならどうかと思い、毎日キャプチャしていた画像にあった他の動画の数字を整理してみました(左上の図)。 どうやら YouTubeトップページの"おすすめ動画"に5日間掲載されると動画再生回数は7万回程度まで再生されることがありそうです(これでも比較的穏やかな映像なので、もっと食いつきのいい怪しげな動画なら軽く10万回は超えそうです)。
 トップページに掲載されていた8つの動画を比較しましたが、初日に一番上の方に掲載された瞬間にその動画の持つ固有の食いつき度合いで思いっきり再生回数が増えますが、Youtubetable_3翌日以降はだんだん掲載順位が下がるので、同一動画では前日比でいくと1.5倍、1.2倍、1.1倍という風に、どれも同じような感じで伸び率が鈍化していくようです。
 右の表は、「ロボット運動会」のトップページでの実際の掲載状況と再生回数の変化を記録したものですが、トップページに掲載されて一旦再生回数や評価が高くなると、トップページ掲載ほどでないにしても、確実にその後も再生回数が増えていくのがわかります。

2008年1月 6日 (日)

ホビーロボットから産業用ロボットまでロボット勢揃いの「大ロボット博」に行ってきました

KahakuDairobothaku_2  国立博物館がたくさんある上野公園の近くに住んでいながら、”国立博物館が金曜日は夜8時まで開いている”ということを最近まで知りませんでした。米国出張をした時に、金曜日の夜は、仕事の後ダッシュで博物館巡りをすることもあり、いつもうらやましく思っていたのですが、いつの間にか日本でもそうなっていたんですね。
 年明け1月4日は”仕事初め”で、今年最初の金曜日。挨拶中心の日なので、Iswing仕事は早めに切り上げて、6時過ぎには上野公園に到着。あたりはすでに真っ暗で、Robotsuithal正月明けということもあり、人もまばら。国立科学博物館で開催されている「大ロボット博」も、すいすいと見学できました。
 「大ロボット博」には、最近ずっと気になっている近藤科学の二足歩行ホビーロボット「KHR-2HV」もあれば、完成度の高いホンダのASIMOもあり、アニメのガンダムがあるかと思えば、産業用ロボットもからくり人形もあり、もうロボットなら、なんでもありの展示会でした。
 実演展示で迫力があったのは、お台場の日本科学未来館でも何度も見ているものの、見るたびに進化しているような気がするホンダのアシモ(ASIMO)と、AsimoAsimo3generation「今年のロボット」大賞(経済産業大臣賞)に選ばれたファナックの産業用知能ロボット「M‐430iA」でしょうか(動画を本ブログの最後に掲載)。Center
 個人的に興味があって一度実物大のものを見てみたいと思っていた、CYBERDYNE社のロボット・スーツ「HAL」も真っ赤なものが展示されていましたし、トヨタのパーソナルモビリティ・コンセプトカー「i-swing」もありました。………<続きを読む>………

続きを読む »

フォトアルバム