2014年8月10日 (日)

今年で10周年記念「インターネット広告ビジネス」の特別講義(兵庫県立大学大学院)

 気がつけばもう1ヶ月以上前になりますが、今年も恒例の兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科でのインターネット広告ビジネスの特別講義を行いました。今年で遂に10周年(といっても途中1年お休みしたので9回目)。
 年々インターネット広告の対象範囲が広がっていきますので、3時間の長めの講義とはいえ、やはり対象の絞り込みが必要になります。今年はやや広告配信技術よりに寄せ、下記のような講演内容としました。

Photo_4

【 講演内容 】━━━━━━━━━━━━━━━━
1.インターネット広告の具体事例
2.なぜインターネット広告が注目されているのか
3.インターネット広告の模式化・指標・最適化
  ・基本モデル
  ・パーチェス ファネル
  ・ISAS
4.インターネット広告配信技術
  ・ターゲティング広告配信
  ・リターゲティング広告
  ・行動ターゲティング広告
  ・リッチメディア広告
  ・動画広告
  ・スマートフォン広告
  ・ネットワーク広告
  ・検索連動型広告
  ・ソーシャルメディア広告
5.プログラマティック広告 (DMP、DSP)
6.クラウドサービスを活用した広告配信
7.クロスデバイス広告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Riken_cdb

 上の模型の写真は講義を行った教室が入っているビルの入り口にあるもので、スーパーコンピューター「京」の入っているビル(というかビル1棟がスパコン)のすぐ隣にあるのがわかるかと思います。ちょっとびっくりするのは、その奥のビル一棟まるまるが冷却専用の施設であることです。超高速計算機は発熱の凄さがわかります。

 下の写真は、授業の帰りに一駅隣にある話題の「理研のCDB」で記念撮影したものですが、先週、このビルの上をたくさんヘリが飛んでいるみたいだとの連絡をもらい、ニュースサイトをチェックしたところ、あの悲しい事故があったことがわかりました。

2013年11月10日 (日)

同志社大学理工学部で「インターネット広告ビジネス」の講演をしてきました

Photo

 11月6日に、同志社大学 京田辺キャンパスで、理工学部の3年生を中心に約110名の学生「インターネット広告ビジネス」に関する講義をしてきました。京田辺キャンパスは京都市と奈良市の中間に位置した、自然に恵まれた美しいキャンパスですが、この時期は特に、キャンパス内のあちこちで綺麗な紅葉を眺めることができました。
 今回の講義は情報システムデザイン学科の佐藤健哉教授の「ネットワークシステム構成論」のゲストスピーカーの形で行いましたが、内容は9年前に始めた兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科での3時間の特別講義(今年は7月実施)の内容を1時間半に圧縮したものをベースに組立てました(講義のきっけかけはコチラ)。 

Photo_2


 いつもはビジネスマンや大学院生に話をしているので、大学生100名規模に話をする機会というのは案外なく、2004年に立命館大学で「ICT企業リーダによるリレー講座」というのをやらせていただいて以来のものとなりました。昼休みから授業直前に感じられるエネルギー感と講義内容を理解してもらえるかなという不安感が、講義前のいい緊張感を作ってくれました。
 今回、講義レポートをすべて拝見させていただくことができ、この週末にじっくり読ませてもらいました。今後実施する大学生への講義に対して非常に貴重なフィードバックが得られたのと同時に、大学生がインターネット広告に対してどのような感覚を持って接しているのかについての貴重な利用者ヒアリング結果にもなりました。

Photo_3

 多くの学生から寄せられたコメントを要約すると、「普段よく接触しながらあまり気にかけていなかったり、ウザいと思うことの多いインターネット広告の裏側の仕組みが、ここまで奥深く工夫されているもので、それほどまでに大きなお金が流れているのか、これを機会にもうちょっと勉強してみるか」というもので、講師が思っていた以上に新鮮な発見として受け止められていたことを知り、ちょっとほっとしました(なかなか学生さんの受講態度からは、そのあたりは読み取れないものです)。
 個別のコメントで私が興味をもったものに、「普段は広告をPCで見ているのでネット広告の市場規模がまだ新聞広告の規模を越える程度でしかないのかというのに驚いた」というものがありましたが、この世代でのメディア接触の差が如実に出ているものだと思いました。

Photo_8

この他、「ソーシャルメディア→口コミの時代において消費者に邪魔だと思われる広告は逆効果だと思う(興味のない大量のTVCMやしつこいリターゲティング)」「通信環境が悪いところで、動画コンテンツの前に広告が入るのはやめて欲しい」「ディスプレイ広告→サーチ広告→ソーシャル・マーケティングの流れを、受動→能動→受動と捕らえると、それは情報過多が引き起こしたものではないか」というあたりは、その通り!と共感しました。

 講義の後、恵喜館というビルにある佐藤教授の研究室を見学させてもらいました。研究テーマは「高度道路交通システムにおける車車間通信の研究」や「拡張現実感技術を利用したネットワーク家電制御方式」などがあり、学生さんにデモと簡単な説明をしてもらいましたが、実用性重視の研究感覚に感心しました。

Photo_9

【 今回の講演内容 】━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.インターネット広告の具体事例
2.なぜインターネット広告が注目されているのか
3.インターネット広告の模式化・指標・最適化
4.インターネット広告配信技術
  ・ターゲティング広告配信
  ・リッチメディア/動画広告
  ・スマートフォン広告
5.サーチ広告
6.ソーシャルメディア活用マーケティング
7.リアルタイム入札型広告( Ad Exchange/DSP/SSP/DMP )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013年7月 7日 (日)

9年目・8回目の兵庫県立大学大学院「インターネット広告ビジネス」の特別講義

Photo_3  今年で9年目、8回目となった兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科での「インターネット広告ビジネスの最前線」の3時間にわたる特別講義の内容は、大きな流れでは同じですが、昨年1年スキップしたこともあり、内容をかなり変えてみました。
 デバイス的にはモバイルの部分はすべてスマートフォンに換え、動画・リッチメディア広告の内容も増やしました。サーチ広告の部分は内容を絞り、同じ運用型広告でもDSP/Ad Exchange等の話を増やしました。また、新しいトピックスとしてアド・ベリフィケーションを追加したり、ソーシャルメディアについては、広告よりもそれを活用したキャンペーン事例に切り換えました。

Photo_2  写真の左側がスパコン「京」が入っている理研の計算科学研究機構の建物で、右側がそこと廊下でつながっているた兵庫県立大学大学院計算機科学センタービルになります。最寄り駅の「京コンピュータ前駅」の回りはあまり2年前と変わっていませんが、ポートライナーで1~2駅三ノ宮駅寄りの「医療センター駅」~「市民広場駅」までは、神戸の医療産業都市構想に従ってビルがずいぶん増えたようです。

 今回、特別講義の最後に、同志社大学モビリティ研究センター長の佐藤健哉教授が飛び入り参加してくれました。佐藤教授とは20年ちょっと前に、スタンフォード大学計算機科学科のDavid Cheriton教授の研究室で客員研究員として滞在していた仲なのですが、まさか20年ぶりの再開・会話がこの講義での質疑応答になるとは思いもよりませんでした。特別講義を開催している中本幸一教授と佐藤教授が同じ組込システム領域の研究者という縁で再会をはたすことができました。

【 講演内容 】━━━━━━━━━━━━━━━━ 
1.インターネット広告の具体事例
2.なぜインターネット広告が注目されているのか
3.インターネット広告の模式化・指標・最適化
4.インターネット広告配信技術
  ・ターゲティング広告配信
  ・アドネットワーク
  ・動画広告
  ・スマートフォン広告
5.サーチエンジン・マーケティング(SEM)
  ・リスティング広告、サーチエンジン最適化(SEO)
6.ランディング・ページ最適化(LPO)
7.ソーシャルメディア活用マーケティング
8.リアルタイム入札型広告( Ad Exchange / DSP / DMP )
9.アド・ベリフィケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011年11月 3日 (木)

世界最速スパコン「京」が入っている建物の前の巨大そろばんのオブジェ

SorobanKei 昨日の朝日新聞に世界最高速スーパーコンピュータ「京」の全面広告が掲載されてました。800台ものラックがずらりと並び建物全体がスパコンになっていて、全体で1秒間に1京回の計算ができる優れものです(1番じゃなきゃダメなんです!)。
 この「京」は、神戸ポートアイランドにある理化学研究所計算科学研究機構の建物の中に鎮座しています。この夏、7月22日に写真の右側に隣接している兵庫県立大学大学院に、非常勤講師として特別講義に行った際に撮影した写真をいつかブログにアップしようと思っていたのですが、この記事で思い出してアップすることにしました。
 ビルの前には、巨大そろばんのタマを縦に並べたようなオブジェがあります。ビルの前で、「これ全体の大きさがスパコンかぁ」と思うとかなり感動します。私の大学時代の研究テーマは並列処理による高速計算機アーキテクチャ設計でしたが、実際に開発していたプロトタイプの大きさは、電子レンジぐらいの大きさでしたから。
Riken そうそう最寄り駅の名前も「京コンピュータ前」となっていました。駅名に『コンピュータ」の文字が入っている駅は、日本でもここだけではないでしょうか。
 
 今年で7年目になった兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科での「インターネット広告ビジネスの最前線」の3時間にわたる特別講義の内容は、基本フォーマットに毎年のトピックスを加えていっていますが、今年は下記の7,8項にある「Ad Exchange / DSP / SSP」といった新世代アドネットワークと、Facebookに代表される「ソーシャルメディア広告」を加えてみました。Ekimei

【 講演内容 】━━━━━━━━━━━━━━━━
1.インターネット広告の具体事例
2.なぜインターネット広告が注目されているのか
3.インターネット広告の模式化・指標・最適化
4.インターネット広告配信技術
  ・ターゲティング広告配信
  ・アドネットワーク
  ・スマートフォン広告
5.サーチエンジン・マーケティング(SEM)
  ・リスティング広告
  ・サーチエンジン最適化(SEO)
6.ランディング・ページ最適化(LPO)
7.新世代ネットワーク広告( Ad Exchange / DSP / SSP )
8.Facebook広告 ~ソーシャル化するWeb領域~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kougi久々のブログ更新となりました。

2010年7月 4日 (日)

6年目の兵庫県立大学大学院「インターネット広告ビジネス」の特別講義

Hyougokenritsudai Hyougokenritsudai2  兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科は神戸ハーバーランドセンタービルの21~23階にあります。先週金曜日、今年で6年目になる「インターネット広告ビジネス」の特別講義のために訪問しました。講義室は23階にあり、窓の向こうに神戸の海を臨む抜群のロケーションにありますが、この場所での講義は今年で最後になりそうです。来年の4月には、神戸ポートアイランドの方に引越されるそうで、そこには事業仕分けで「2位じゃダメなんでしょうか?」発言でで有名になったあの「次世代スーパーコンピュータ」施設があり、神戸大学や兵庫県立大学が進出し、産学一体となって次世代スパコンを活用した産業活性化を図る計画のようです。大学時代、高速計算機のアーキテクチャ設計が専門だった私からすると「日本のスパコンは一番であり続けて欲しい」と思うところではありますが、あの事業仕分け以降、専門家以外にスパコンを平易に理解してもらうための活動が増えたことはよいことだと思います。
 さて、兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科での「インターネット広告ビジネス」に関する講義内容は、毎年少しずつ変わっていますが、ベースラインはある程度下記のようなフォーマットで落ち着いてきており、それに現場で生で起こっているトピックスをプラスアルファしていっています。

【 講演内容 】━━━━━━━━━━━━━━━━
1.インターネット広告の具体事例
2.なぜインターネット広告が注目されているのか
3.インターネット広告の模式化・指標・最適化
4.インターネット広告配信技術
  ・ターゲティング広告配信 ・クリエイティブ自動最適化
  ・マルチデバイス広告配信 ・ツイッター活用広告
  ・Ad Network / Ad Exchange
5.サーチエンジン・マーケティング(SEM)
  ・リスティング広告 ・サーチエンジン最適化(SEO)
6.ランディング・ページ最適化(LPO)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2008年2月 4日 (月)

4年目の兵庫県立大学大学院「インターネット広告ビジネス」の講演は3時間越え

Nakamotosensei  1月25日に、今年で4年目になる「兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科」の大学院1年生向けの特別講義を行いました。テーマは「インターネット広告ビジネスの最前線」とし、下記のようなインターネット広告に関する媒体サイト側から広告サイト側までの各種最適化手法について具体例を解説しました。今年ははじめて3時間10分という長時間講義に挑戦することになりましたので、メインの講義の準備の他に数個の補足プレゼンを準備していきましたが、案外LPOの深堀りを1つやったぐらいで済みました。写真の中本先生も4年連続して聞いていただいているので、率直な感想として「インターネット広告って年々複雑になるねぇ」ともらしておられました。

【 概要 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 インターネット・ビジネスの中でも最も成長率の高い分野が「インターネット広告」である。本講義では、サイバーウィング社で実際に取り扱っているインターネット広告を素材にインターネット広告ビジネスの最前線での様々なトピックスについて紹介する。

【 講演内容 】━━━━━━━━━━━━━━━━
1.インターネット広告の具体事例Fujisan
2.なぜインターネット広告が注目されているのか
3.インターネット広告の模式化・指標・最適化
4.インターネット広告配信技術
  ・ターゲティング広告配信:行動ターゲティング広告
  ・リッチメディア広告配信  :映像広告
5.サーチエンジン・マーケティング(SEM)
  ・リスティング広告
  ・サーチエンジン最適化(SEO)
6.ランディング・ページ最適化(LPO)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  キャンパスは神戸の港に近い、神戸ハーバーランドセンタービルの最上階23階とその下の22階の2フロアですが、天気がよく淡路島がはっきり見えました。また、行きの新幹線でも富士山がくっきり見えました。

2007年11月25日 (日)

徳島大学知能情報工学科の大学院生向けに「インターネット広告ビジネス」の講演

Kougi  私自身、現在、社会人学生として徳島大学知能情報工学科の博士課程の2年次に籍をおき、CCI社のアドネットワーク関連のプレスで最近よく参照される”「なずき」は、徳島大学発ベンチャー株式会社言語理解研究所(青江順一代表)と株式会社NTTデータが共同開発をした製品です。”のフレーズにある青江教授の研究室に所属していますが、先週11月19日に非常勤講師として、徳島大学知能情報工学科の修士課程の1年生約30名に「インターネット広告ビジネスの最前線」と題して、インターネット広告の具体事例やメディア・サイト側から企業サイト側までのさまざまな最適化技術について講演してきました。自分の年齢が教えている学生の2倍ぐらいになったことを考えると、ちょっと感慨深いものがあります。あの頃は、まさか広告ビジネスをやるとは考えもしませんでした。今、同じように感慨深げなマイクロソフト社員も多いかもしれません。

続きを読む »

青山学院大学・岩井教授をお招きしMBA向け経営ゲームを実施

Mg3Mg1_2 3年前に、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科 岩井教授の「マネージメント・ゲーム」の教育をお手伝いしたのがきっかけで、先週、サイバーウィング社に岩井教授をお招きし、インターネットを活用して短時間でできるマネージメント・ゲームを実施していただきました。Mg4
 以前にお手伝いしたマネージメント・ゲームは、半年かけて全世界100チームが戦うというカーネギーメロン大学主催のMBA向けの大規模な経営ゲームでしたが、Mg5今回のものは2時間でオリエンテーション→ゲーム実施→解説が実施できるほどシンプルで企業での教育としては実施しやすいものでした。サイバーウィング社では参加者10名を、2名×5社に分け、Mg7_2今回のケースである”先端携帯音楽プレイヤーのメーカ”が、販売価格・生産量・広告費・研究開発費をコントロールしながら、四半期単位で1年半ほど会社経営を行い、 累積営業損益率を競うというゲームにしました。Mg6
   熱くなれるゲームを通じて、「競争環境の中で利益を出すための基本」を再認識することと、普段話をしない組合せで職位間・部門間のコミュニケーションが活性化することを狙いましたが、Mg2みんなの表情を見ていると、結構うまくいったようです。岩井教授ありがとうございました。

続きを読む »

2007年1月30日 (火)

大学生のネット視聴時間は、テレビ視聴時間と同程度かもしれない

Koube_1  今年で3年目になりますが、兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科の「Eビジネス論」(中本教授)の講義の一コマとして、「Web2.0時代のインターネット広告」と題した講演をしてきました。この講義、神戸ハーバーランドの23階にある海が見える教室というとても気持ちのいいシチュエーションで行われます。
 この講義を始めた3年前では、インターネットの視聴時間がテレビの視聴時間の数分の一にまで追いついてきている過程そのものがおもしろい話題でしたが、教室での挙手による即席アンケートでは、学生の半数が「テレビとネットの視聴時間が半々」という感じであり、数年の間に相当ネット視聴時間が進んだことが感じられました。中には、インターネット視聴時間が100%という強者もいたりしましたが、確かにテレビがなくてもテレビ・ニュースや新聞情報はインターネットで十分読めますから、その意味でテレビがなくても困らなくなっているのでしょう。
 翌日、2008年の新卒採用のための会社説明会を開催した際にも、同様の挙手による即席アンケートをしてみましたが、前日と同様、「テレビとネットの視聴時間が半々」という感じでした。会社説明会の出席者の多くは文系3年生でしたので、決して情報科学研究科の大学院生だから、ネット視聴時間が長いということでもなさそうでした。

2006年6月25日 (日)

生まれて始めて投稿したマイコン雑誌の目次を発見

 70年代後半~80年代前半、ホビーとしてのマイコンというジャンルが確立していく中、マイコン雑誌の創刊ラッシュがありました。当時、一世を風靡した?「I/O」,「ASCII」,「マイコン」,「RAM」という懐かしいマイコン雑誌の名前が並ぶ、涙しそうなブログ「マイコン雑誌博物誌」というものを発見しました。
 その中に、雑誌の目次が淡々と並んでいるページがあるのですが、その中に、私が生まれて始めてマイコン雑誌にプログラムを投稿した記事の目次を発見!(当時は機械語の16進数のプログラムを数ページに渡り紙に印刷し、雑誌の購入者がそれをマイコンに再入力するという今では信じられないことが行われていました)。
 私が大学時代に雑誌「I/O」に1980年6月に投稿したプログラム「COMP-Xシミュレータ」は、、通産省(今の経産省)の情報処理技術者試験で、プログラミング能力を試験するために定義したアセンブリ言語CAP-Xに対応する仮想マシンCOMP-Xをシミュレーションするもので(今はCASLとCOMETというそうですね)、これをインテルの伝説のマイクロプロセッサ「8080」を搭載したNECのワンボードマイコン「TK-80」上で動作させるというものでした。このプログラムは生まれて始めて投稿したものであると同時に、生まれて始めてお金を稼いだプログラムで、私にとって特別なプログラムでした。いや~、このブログ、ほんとうに懐かしいです。

フォトアルバム