2013年6月22日 (土)

あんぱん専門店「あんですMATOBA」の品揃えはすごい

Matoba

Photo_2  テレビで一度見て、近くなので一回行ってみようと思っていた、浅草観音裏の ★あんぱん専門店★「あんですMATOBA」に行きました。いろいろあって迷いましたが、黒ごまきなこあんぱん、甘栗あんぱん、ずんだあんぱん、小倉あんぱんの4つを買いました。写真のあんぱんは甘栗あんぱんですが、私は黒ごまきなこあんぱんを食べました。評判通り美味しいです。次回は、小倉フラワー、黒糖あんぱん、みそあんぱん、塩小倉あんぱん に挑戦しようと思います。店は浅草寺の裏の言問通りを挟んだところで、スカイツリーとツーショットが撮影できる位置関係です。
Matoba_skytree

2010年7月24日 (土)

けったいな「大阪名物 元祖たこむす」

Takomusu 1  出張の時に新大阪駅で買った「たこむす」。「天むす」の天ぷら部分がたこ焼きになったもので、珍しさ優先で衝動買いしました。Takomusu 2 醤油味のたこ焼きがおむすびの上にのっていて、後はお好みでマヨネーズというシンプルなものです。5個入りで682円と手頃な値段ですが、ご飯中心メニューなのでビールのつまみにはちょっと厳しいかな。弁当のフタの裏には、当て字の「多幸結」の文字と、電子レンジで温めてもおいしいと書かれているものの、一部持ち帰るというのも面倒だし、気にせずいっきに完食。そういえば小学校の頃(大阪)、近くの駅前にあった醤油味だけのたこ焼きがおいしかったことを思い出す。

2010年7月11日 (日)

「トマトのレモネード」~蘇るトマトに砂糖をかけていた頃の思い出~

 カゴメが6~9月限定で「トマトのレモネード」という紙パック飲料を販売しているのですが、もともとトマトジュースにレモンを丸ごと1個絞って飲むのが好きな私は、勝手にこれが塩味だと思い込んで買ったのですが、実際は蜂蜜を加えた甘酸っぱい仕上がりになっていました。
 で、なんだかこの味、妙に懐かしいなぁと思って、その後も何回か飲んでいるのですが、この味は昔、小学校の低学年の頃あたりまでトマトに砂糖をかけて食べていた時の記憶を蘇らせてくれたようです。だんだん大きくなるにつれて、トマトには塩をかけるようになり、マヨネーズやドレッシングをかけるようになりましたが、確かに小さい頃、トマトには砂糖をかけて食べていました。あの時の懐かしい味に似ています。

2010年5月 8日 (土)

"ニコニコ動画"と"ニコニコのり"のコラボ・ドラマ「ニコニコ少女」

Nikoniko shojo  土曜日午後、テレビのチャンネルを回していたらたまたま「ニコニコ少女」というドラマに遭遇してしまいました。少女がおいしそうにおにぎりを食べているのですが、なぜか「ニコ動のような」メッセージが流れています。おやっと思い、そのままチャンネルを固定して見ていると、これは「ニコ動のような」ではなく、ほんとうの「ニコニコ動画」と「ニコニコのり」のコラボレーションによるBS-TBSのドラマで、先行してニコ動で流した際のメッセージを(たぶん適当に編集して)、ドラマ映像といっしょに放映したようです。今日はそのメイキング映像などを含めた総集編だったようです。どってことない漫画のような毎回同じ展開の3本のショート・ドラマがあったのですが、少女のあどけない感じが心地よくてついつい最後まで見てしまいました。「ニコニコ動画」と「ニコニコのり」という組み合わせや、「極(きわみ)」という「ニコニコのり」の「のり」をストーリーのど真ん中に置いているところがコテコテではありますが、けっこう笑えました。

2010年5月 4日 (火)

浅草六区から見る「東京スカイツリー」と「浅草公会堂」

Asakusa sky tree  最近、休みの日に「浅草六区」あたりをぶらぶらすることが多くなりました。結構近くには住んでいるのですが、浅草というと浅草寺参道の仲見世通りの混雑が思い出され、休みの日にわざわざ人混みにいくのもなぁという思いがあったのですが、つくばエクスプレスの浅草駅から浅草公会堂あたりまでの「浅草六区」近辺はほどよく賑わいがあり、演芸あり、人力車あり、おもしろいお店あり、たまにROXスーパーマルチコートでイベントありとぶらぶらしていて退屈しない場所です。
Asakusa kaede  の写真は「浅草六区通り」から「伝法院通り」へ入ってすぐの場所から、「東京スカイツリー」が見えるんだと初めて気がついた時のものです。浅草公会堂の左横、仲見世通りの方向に見えます。東京スカイツリーが完成した時には、浅草のもっと広いエリアから見えるようになりそうです。
 この「浅草六区通り」と「伝法院通り」のつなぎ目に、見てくれはわるいけれどリーゾナブルプライスでそこそこおいしい和菓子の「楓」というお店があって(の写真)、店先でおはぎ桜餅などを売っています(他にもいろいろ売ってますが詳細はコチラ)。

2010年3月21日 (日)

”山田うどん”浅草店の「宙に浮く巨大箸」


 この前、テレビに映っていた「宙に浮く巨大箸」の派手なディスプレイがあるお店が家からわりと近場の”山田うどん浅草店なのがわかったので今日はちょっと冷やかしに行ってきました。場所は、40年の歴史を閉じたばかりの「楽天地浅草ボウル」の花やしき側・浅草の場外馬券売り場側といったところです。最寄り駅で言えば、ホームに鰻屋の匂いが漂う”つくばエクスプレスの浅草駅”です。このあたりは、タイムスリップしたようなお店や露店がいろいろとあったり、演芸関連の小屋もあり、ちょっと怪しげな人や外人も入り交じっていて、不思議な活力を感じるゾーンで、暇つぶしにはもってこいです。
 お目当ての「宙に浮く巨大箸」をしっかりカメラを修めた後に、うどんを食べようと思ったのですが、テレビに出たてのせいか午後3時だというのに店がいっぱいだったので、またの機会にしようと思い、店の後ろを振り返ると、あれこれとドライフルーツを売っている露店に人が集まっていて、「桃のドライフルーツ」を試食したら(初めて食べました)、おいしかったので、買って帰りました。

2010年2月 2日 (火)

cci九州支社の近くで「屋台 ひろや」発見!

Hiroya  先週、福岡の天神にある cci九州支社で開催された cci代理店説明会で講演しました。前日の昼過ぎに大阪で講演し、そのまま新幹線で博多入りしました(N700系でWiFi接続できるのは東京→新大阪までだということに気がつかず)。
 何十年ぶりかで来た福岡の街を軽くぶらりとして cci九州支社の近くのホテルに帰る途中、日本銀行前で写真の「屋台 ひろや」というのを発見しました。せっかく自分と名前が同じ屋台なので、ちょっと入ってみたい気持ちもあったのですが、夕食を食べた直後でお腹がいっぱいだったので思いとどまりました。次回、福岡に来たら寄ってみたいと思います。
 ちなみに、cci説明会での講演タイトルは「ADJUST進化論 ~スマートフォンからソーシャルメディアまで~」で、①ADJUSTの歩みと今後の強化ポイント、②ADJUSTを使いこなすためのケーススタディ、③ADJUSTの最新メニュー紹介を講演しました。

ADJUST Smart Phone Ads Adjust Social Media Ads

2010年1月10日 (日)

「まろのおみた」は「逆みたらし団子」? ~京都三条 菓子司 寛永堂~

Maronoomita  最近、よく青山通り沿いの「京都三条 菓子司 寛永堂」の前を通るので、ぶらりと寄って和菓子を物色しているのですが、その中の一つに「まろのおみた」というお菓子があます。これは小さなお餅の中にみたらし団子の「醤油だれ」が入っていて、普通のみたらし団子のまったく逆パタンです。 Maronoomita2 「まろのおみた」の楽しい包装紙には、「醤油だれを包み込んだみたらし団子を創案し発売したのは弊社店主が全国ではじめてでございます」と書かれており、このお菓子の特許番号まで書かれています(すげ~)。お餅自身は小さくぺろりと4つぐらい食べてしまえます。

2009年11月23日 (月)

「TULLY'S COFFEE」のCMにクライテリア・コミュニケーションズ社のビルが登場

Criteria ここしばらく、「TULLY'S COFFEE」ブランドのチルドカップコーヒーのCMが結構たくさん流れていますが、なんだか見覚えのある風景だなぁと思ったら、CMのロケ地はサイバー・コミュニケーションズ社とクライテリア・コミュニケーションズ社のちょうど真ん中にある広場で、カメラがズームしていく建物は正にクライテリア・コミュニケーションズ社のビルそのものですね。このあたり「イタリア街」と呼ばれ、イタリアをテーマにした建物や石畳がおしゃれなので、よくCM・雑誌などの撮影に使われています。CMは「TULLY'S COFFEE タリーズのある世界篇」というそうで、伊藤園のCM紹介ページに Flash動画がリンクされています(YouTube にももう少し大きい動画がありますね)。

2009年9月23日 (水)

「銀だこ」の「たこチリマヨネーズ」食べてみました

 「銀だこ」のホームページで、”新商品の中で、最もお客様からのリクエストのご要望が多く、人気の高い期間限定の商品を復活”と述べている「たこチリマヨネーズ」食べてみました。さほど辛くもなく、"いつもの「銀だこ」変化球シリーズ「てりたま」「ねぎだこ」のボーダーを超えられていないな”とか偉そうなことを言いながら、毎回新しい「銀だこ」に挑戦しては、”結局、普通の「たこ焼」が一番おいしいよね”と毎回言っている、全く進歩していない広屋家でした。

フォトアルバム