2010年6月26日 (土)

W杯日本戦を通常時間帯で見る人の7割はどんな時間帯だろうが見る(TV視聴率30.5%)

WorldCupShichouritsu  6/24(木)深夜3:30キックオフのワールドカップ日本対デンマーク戦のテレビ視聴率は、あの時間帯では画期的な視聴率になるんだろうなと思っていましたが、昨日、日テレのエスカレー横に張り出された写真の視聴率速報を見て、視聴率が30.5%、瞬間最高41.3%だと知りました。23時頃のカメルーン戦が45%、20時台のオランダ戦が43%だったそうですから、ワールドカップ日本戦を通常時間帯で見る人の7割はどんな時間帯でも見るという、日本人の熱狂度合いがわかった歴史的な数字だと思います。

2010年3月 7日 (日)

初めてのフットサル大会5試合フル出場で、フットサル初心者らしいファールを連発、シュートは2本

Footsal  昨日、誘われて「フットサル大会」に初めて参加しました。6チームが総当たり戦で、1チーム当たり8分1本の試合を5試合を行うというものでしたが、人数がちょうど5人しか来なかったので、年甲斐もなく全試合に出場ということになってしまいました。おかげで今日は内くるぶしがやや捻挫全身筋肉痛という悲しい状態です(笑)。
 中学・高校とサッカーはまじめに部活をしていましたが、フットサルのルールブックを読んだのは数年前が最後で、その後のフットサル練習もルールにはうるさくなくやっていましたので、初の大会参加で、いかにも初心者らしいファールを連発してしまいました。
 まずは、「キックイン・ファール」。サッカーだとタッチラインを割るとスローインをしますが、フットサルの場合、タッチライン上からキックインします。その際、蹴る前にボールがちょうどライン上で静止していないとファールを取られます。正直、そんなすごい大会じゃないから見逃してよという感じがするのですが3回ぐらいファールとられました。
 次に大物のファールは「キーパーへのバックパス・ファール」。キーパーへは一度ボールがハーフウェイラインを超えないと、バックパスできませんが、このファイルをパスを出す方ももらう方も失念していて「間接フリーキック」を自陣ゴール前で取られてしまいました。審判は親切にも「壁作っていいんですよ」と言ってくれるのですが、サッカーと違って、フットサルのフリーキックはえらく近いので、ちょんと味方にパスして本気で蹴り込まれるのを想像すると、「1点あげるから本気で蹴らないでぇ~」という気になりますね。
 大会出場メンバーは20歳台中心で親子ほど年齢が違う選手も多く、間違いなく大会最年長選手だったと思うのですが、ボール1~2個分左上と右上にはずれたシュートが打てたのは、いい思い出になりました(思い出の軌跡を図示:笑)。

2009年8月14日 (金)

Wiiスポーツリゾート「100ピン ボーリング」は爽快!

Wiisportsresort 夏休みにトライしてみようと楽しみにしていた「Wiiスポーツリゾート」を買って、ちょっと遊んでみました。ピンポン、アーチェリーがお気に入りです。前作 Wiiスポーツにしても、今回の Wiiスポーツリゾートにしても、「見た目はリアリティ追求型だけれど、やってみると実は現実よりもうまくできて気持ちいいWiimotionplusというところがよくできていると思うのですが、この100ピン・ボーリングは、ずらりとピンが100本並んでいる現実離れした見た目で、いかにもゲームの世界だなぁと関心しました。初めて投球した時に、ピンがバリバリ、バリバリと倒れていった時はほんとうに爽快でした。「モーションプラス」によりリモコンが若干長めになりましたが、これによってより細かな動きをインプットできることになり、ゴルフも Wiiスポーツよりクラブのスイングが自然になりましたが、Wiiスポーツのコースをいくつかそのまま利用しているのは、リゾートに来たという感覚からちょっとずれていて残念でした。とはいえ、全体としてはよくできていると思います。

2008年9月15日 (月)

上海旅行(8)~上海市内もオリンピック色で賑わう~

OlympicShinsekai_2  北京だけでなく、もちろん上海でも、オリンピック・ムード一色でした。街中に「Beijing 2008 "One World One Dream"」のポスターが貼られていました。また、地下鉄の通路には、選手を応援するためのポスターが多数貼られていて、「更高 更快 更強」のようなポスターが漢字故に日本人でも意味がよくわかるものが多かったです。 Olympic_2また、今回オリンピックで覚えた新しい中国語の「加油」は「がんばれ~」ですが、油を加えるという表現がなんだがわかった気がして笑えます。上海の伊勢丹が入っているショッピングセンターには、Olympic_3街頭テレビで中国選手が応援できるようなスペースがありました。
 後、水泳選手の北島が優勝したことは上海でも大きく報道されていて、ホテルで部屋毎に配られていた新聞「上海日報」の北京五輪別冊版でもトップ面で扱われていました。北島が優勝した次の日に「東方明珠塔」に上った時にもその話題を中国人にされました。
 私は上海に行っている間気がついていなかったのですが、オリンピックのサッカー競技で「上海体育館」という競技場が使われていたようです。Kitajima場所はホテルから地下鉄で6駅のところにあったので場所だけでも見に行っていればと惜しまれます。 Beijing_2008というのは、この場所に、オリンピック優勝のアルゼンチンと、その優勝へ導いたマラドーナ2世こと、メッシ( MESSI )がいたはずなので。データによると我々が上海に滞在中の8月10日には、One_world_one_dreamアルゼンチン対オーストラリアの戦いが繰り広げられていたようです。残念。

続きを読む »

2008年8月17日 (日)

北京オリンピック・金メダル8個の水泳選手マイケル・フェルプス所属スイミング・クラブのロゴはサイバーウィングのロゴによく似ている

Clubwolverine_2 北京オリンピックの水泳で、圧倒的な強さで8冠を達成した米国水泳選手 Michael Phelps の所属するスイミング・クラブ Club Wolverine  は略して「CW」。弊社 CYBERWING も略して「CW」。2つのロゴとも、水色を基調にたロゴで、角張っているか、丸まっているかの違いはあるもののよく似ています。
 これに初めて気がついたのは、NHKスペシャル「ミラクルボディ」でマイケル・フェルプスが練習中にかぶっていた帽子で、初めて見た時は「おぉ、うちの会社のロゴの帽子をかぶってがんがん泳いでるぜぇ」(笑)と軽く叫んでしまいました。
ClubwolverineshopCyberwing   Webサイトを見るといろいろな「CWグッズ」が並んでいて、みんな買ってみたくなりますが、残念ながら米国内のみ配達可のようです。オリンピック前はそうでもなかったように思うのですが、今ではグッズのほとんどが売り切れのようです。
 それにしても、あのやさしい顔のマイケル・フェルプスからは、あの貪欲な闘争心はあまり感じられませんが、記録は凄まじいものです。フェルプスの公式サイトは、すごく尖った感じですが、映像に出てくるやさしいお兄さんのイメージとはずいぶんと違いますね。

2008年7月27日 (日)

ルーキーズ(ROOKEIS)最終回 ~阪神優勝決定の日までやって欲しかった~

Rookeis_dvd 8月の大会に向けて、サイバーウィング「野球部」の朝練が始まった7月26日の夜、毎週楽しみにしていた高校野球ドラマ「ROOKEIS」が最終回となりました。何故か登場人物の名前が「川藤、安仁屋、若菜、新庄、岡田、桧山、今岡、。。。」と阪神タイガースの選手名だらけなのですが(サザエさんの家族・親戚の海シリーズと同じですね)、ドラマの途中まではこれに気づかず、ドラマの途中で「江夏」という選手が出てきた時に初めて気がつきました(遅い?)。今年はすっごく阪神の調子がいいので、できれば阪神優勝決定の日あたりまでやって欲しかったです(でも甲子園が終わった後は高校野球ものは盛り上がらないかもしれませんね)。
 2アウト満塁からのホームランがちょっと多すぎなのですが、ドラマの原作がマンガということなので許せます。最終回は安仁屋が最終打者だろうと思っていたのですが、御子柴だったのは意外でした。
Kiseki_2 このドラマ、土曜日ゴールデンの裏番組「めちゃイケ」から、ずいぶん視聴率を奪ったと思うのですが、途中、何度も全日本女子バレーなどの放映で分断されなければもっと盛り上がったかもしれません。そのせいか、本編よりも特番で放映されることが多かったように思います。また、昨日の番宣投入ラッシュはすごかったです。
 主題歌のGReeeeNの「キセキ」もドラマにぴったりで、これもドラマが盛り上がった理由の一つではないかと思います。iTunes でダウンロードしたので、最近ちょっと気合いを入れたい時などに聞いてます。

続きを読む »

2008年6月30日 (月)

ソニーのブルーレイディスクの「ダイジェスト再生」を UEFA EURO 2008 で初めて使った感想

 いよいよ後2時間で、ヨーロッパ版ワールドカップ "UEFA EURO 2008" の決勝が開始されますが、ここ2週間ほど風邪でぐったりしていて、すばらしいサッカーの試合もブルーレイディスクに貯まったままだったので、今まで使ったことがなかった BDZ-T70 の「ダイジェスト再生」機能を使って短時間で見所を固めて見ることにしました。
 この機能、録画した映像の音声の盛り上がりや映像の切り替わりを利用して、タイトルの中の見所を推定して自動再生するものですが、実際に EURO 2008 に適用してみた感想としては、通常ゴールはすべてダイジェスト再生で捕らえていて問題なかったのですが、PKのシーンは前半部分が静かに見守られることがあり、PK数本が開始された後の場所へスキップしたことがありました。また、試合前半はいい感じでスキップしますが、試合後半だんだん盛り上がってくると、特にサポーターの多いチームだとなかなかスキップしてくれないこともありました。

【 後日追記 】
2008年9月7日のワールドカップのアジア最終予選のバーレーン戦は早朝キックオフということもあり、録画+ダイジェスト再生を使ってみたのですが、さすがに「アウェイ」かつ「PK+フリーキック中心」の日本の得点だったので、シュートが決まってもシーンとしていて、肝心のシーンはスキップしまくってました。

続きを読む »

2008年3月20日 (木)

サイバーウィング「フットサル部」誕生

Futsalball  3月13日に、サイバーウィング社「フットサル部」が誕生。会社のすぐ近くにあるフットサルコート「品川スポーツヒルズ 銀座deフットサル大崎スタジアム」ではじめての練習をしました。10名以上集まったので、練習試合ができ、久しぶりにいい汗をかきました。私は中学・高校と6年間サッカー部だったので、球を蹴っているだけでうれしくてしかたない方ですが、さすがに最後にやったサッカーが子供と4~5年ぐらい前だったので、練習の終わりには足がつってしましました。練習試合では2点ほど点を入れましたが、床がサッカーと違い土でなくて滑らないせいか、急に過激に動いたせいか、踵を1週間ほど痛めてしましました。Cwbaseball年を考えて無理をせずに楽しもうと反省しつつも、「ドリブルで1対1に勝つ!!」なんていうDVD付きの本とフットサルシューズとボールを購入し、深夜に帰宅しても裸足でボールタッチしている今日この頃です。みんな楽しかったようで、さっそく2週間後には次の練習日程が組まれていました。次回の練習が楽しみです。
 ところで、サイバーウィングは社員数60人ちょっとの会社ですが、これで4つ目のクラブとなります。野球部、ゴルフ部、技術クラブ、そして、フットサル部。社員5人以上のメンバーが揃えば、会社で一部費用支援のクラブが設立できます。一人は2つのクラブまで参加可能としていまして、私はフットサル部の他に野球部に入っています。右の写真は野球部発足時に撮影したユニフォームの写真です。

続きを読む »

2008年2月17日 (日)

東京マラソン2008 浅草寺雷門前 踊りで応援

Tokyomarathonasakusa  今日11時頃、浅草寺「雷門」前で、東京マラソンを少し見物しました。テレビ中継が入っていたせいもあるのでしょうが、結構な人出でした。11時頃だと一流選手はすでに通り去り、速めの一般ランナーが通過する頃でした。軽快なリズムにのった応援の踊りも盛り上がっていました。

2007年12月 1日 (土)

パソコンとUSB接続できる万歩計と無線通信できるクレイジーな「オムロン カラダスキャン HBF-354IT-2」

OmoteHadle  パソコンとUSBで接続できる万歩計「オムロン Walking syle HJ-710IT」は、三日坊主の私がはじめて半年以上続けている健康機器で、グラフ化してビジュアル管理することで長く続くことを改めて感じていたところに、最近の厚生労働省の食生活改善普及運動のせいか「メタボリックシンドローム」が再度フォーカスされ、Manpokeiその類の情報発信が増えていた環境の中、万歩計のオプション商品の「オムロン 体重体組成計カラダスキャン HBF-354IT-2」を衝動買いしてしまいました(オプション商品の方が大きいのが笑えます)。
Tool このカラダスキャンでは、体重、個別基礎代謝、筋肉率、体脂肪率、BMI判定、内臓脂肪レベル、Tool2体年齢が測定できますが、一番続けるモチベーションになっているのは「体年齢」という数字ですね。体組成データは本体のディスプレイでももちろん見られるわけですが、カラダスキャンから万歩計にデータを転送することでパソコン上にある万歩計データの管理ソフトで「グラフ」や「チャート」でわかりやすく表示されます。………<続きを読む>………

続きを読む »

フォトアルバム