2009年11月23日 (月)

「JIN-仁-」の主題歌、MISIAの「逢いたくていま」、とってもいいです

MISIA_aitakute-ima  先週、TBS系日曜劇場「JIN-仁-」主題歌「逢いたくていま」のシングルCDが届きました。MISIA の声がとってもいいです。深いです。女性ボーカルですが、低く太い声なので結構カラオケいけるかもしれません。たった一つのCDの難点は、歌詞が読みにくいこと。セピア色っぽい背景に茶色の小さい文字は、近頃老眼を意識し始めた世代にはちょっと厳しいかも。
 ドラマ「JIN-仁-」もだんだんSFものから時代劇ものに変わりつつあるものの、それがかえって安心して見られるのと、「嫌われ松子の一生」の汚れ役もやれる”中谷美紀”と、「MR.BRAIN」の助手役っぽい”綾瀬はるか”の組み合わせが、意外といいかも。

2009年2月15日 (日)

ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック(DVD付)の「貴方への想い」は最高

Hwangjiny1 韓国ドラマ「ファン・ジニ」も24話中16話までが終わり、遂に後半の1/3に入ったというところで、ドラマの見せ場で流れる「♪クデ、ポセヨ~」の曲をじっくり聴きたくなり、DVD付きの「ファン・ジニ オリジナル・サウンドトラック」を買いました。
 DVDには「♪クデ、ポセヨ~」の日本語曲「貴方への想い」と、いかにも韓国恋愛ドラマの定番曲風の「縁」の2曲が入っています。両曲とも、ハ・ジウォン・ファンには満足できるしあがりですが、「」の方は、16話までしか見ていない人にはドラマのネタバレになりますので、まだ先のシナリオをまだ見たくない人は、ひとまず見るのを封印しておきましょう(やっぱり壮絶な韓国ドラマですね)。Hwangjiny2_2
 ハ・ジウォンは、「チェオクの剣」の時は松たか子似だと思っていたのですが、「ファン・ジニ」では木村佳乃にも似ているなと思うようになりました。日本の女優さんであれだけボーイッシュな役から、人を寄せ付けない美人役までを演じられる人ってなかなかいませんよね(ちょっとタイプは違いますが、最近はまっているもう一つのドラマ「ありふれた奇跡」の仲間由紀恵がそうかもしれません)。

【 個人的 ボーカル曲ランキング
1.貴方への想い
   切ない恋愛シーンで流れる。
   「クデ、ポセヨ」は「あなた、見て下さい」という意味。
2.
   悲しい愛・運命を感じるシーンで流れる。
3.解語花
   ドラマの冒頭で一部サビが流れている。
   解語花は、芸妓(キーセン)という意味。

【 個人的 BGM曲ランキング
1.野花
   たくましく前へ進む時・大きく運命が変わるシーンで流れる。
2.健やかに
   ファン・ジニが気持ちよく踊るシーンで使われる、ワルツ調。
3.突風
   踊りのハードトレーニングのシーンなどで流れていた。
4.切望
   不安なことがおこりそうな際に流れる。
5.慈愛
   深い愛情がにじみ出るシーンで流れる。

続きを読む »

2008年10月18日 (土)

新型 iPod nano Green 買いました、かっこいいです

Ipod_mini_omote2Ipod_mini_ura  子供の誕生日のプレゼントに新型 iPod nano を買いました。この薄さで8GB/16GB入るんですから、やっぱり凄いですよね。デザインもかっこいいし。羨ましいので、子供の外出時にこっそり?写真撮影。買った直後で曲が入っていないので、本体横向きでのビデオ鑑賞と、本体シェイクでのランダム選曲はまだ試していませんが、やっぱりちょっとやってみたいですね。 Ipod_mini_yokoこの iPod nano は Apple Store からオンラインで購入したので、本体の裏側に「刻印」をしてもらいましたが、 文字数は制限ぎりぎりの”半角21文字×2行の英語”にしました。日本語もオンライン上で試し書きしてみましたが、とうもデザインとのフィットさせるのが難しそうです。Ipod_mini_omote
 我が家では、これで4台目の iPod になりますが、3年前に買った最初の iPod mini も同じ緑色で、やはり Apple Store でオンライン購入しました。たまたま子供の好みの色と同じ緑色だったのは驚きです。

続きを読む »

2008年10月 4日 (土)

「竹内まりや」の最新ベストアルバム「Impressions」買ってしまいました

Takeuchimariya  「竹内まりや」が、CMやドラマのタイアップ曲を量産しているベテラン・シンガーソングライターで、山下達郎の奥さんだというこをを知っている人は多くても、デビュー当時アイドル歌手だったことを忘れている人・知らない人も多いのではないでしょうか。
 気がつけば53歳になっている「竹内まりや」ですが、テレビ・ドラマ「Around40」の主題歌、ニュース・バラエティ「ブロードキャスター」のテーマソング、NHK連続テレビ小説「だんだん」の主題歌など、まだまだ活発な活動を続けています。あの独特の甘ったるい歌声も健在です。Impressions_2
 9月末に出た「竹内まりや」の最新のベストアルバム「Impressions」の広告に何回か接触しているうちに、すっごく好きというわけでもなのに、ふらふらっと買ってしまいました。たぶん、彼女の曲はタイアップ曲が多いのでついつい口ずさんでしまうせいなのだと思います。内容は、まずまずのできばえで、収録曲を勝手に個人ランキングするとこんな感じです。

収録曲を勝手に個人ランキング
   第1位: 
   第2位: シングル・アゲイン
   第3位: もう一度

続きを読む »

2008年9月14日 (日)

サザン「I AM YOUR SINGER」、ミスチル「GIFT」、どちらもGOOD!

I_am_your_singer  サザンオールスターズのデビュー30周年記念シングル「I AM YOUR SINGER」買いました。I_am_your_singer_230周年トップアーチストとして存在し続けるのって、ほんとうにすごいことですよね。ファンの裾野も広く、うちの息子たちでさえライブが見たいと言ってみたり、中・高の学園祭の部活でもよく演奏されているみたいですし。活動休止宣言はちょっとさみしい気もしますが、30年の重みを考えると、納得のいく仕事をするためにはチャージは不可欠なんだろうなと妙に納得しています。

  さて、購入したもう一枚のシングルは、NHKの北京オリンピック・テーマソングで「♪一番きれいな色ってなんだろう?」で始まる、Mr.Children の「GIFT」です。Giftオリンピックで夏のしばらくの間、生番組の感動ラッシュを毎日浴びていた頃、耳に焼き付いていたあの曲です。「GIFT」の次のシングル「HANABI」は、Gift_2_229作連続初登場シングル・ウィークリー・チャート1位で、歴代単独2位を記録したそうです。

サザンとミスチル、どちらも息の長い化け物バンドですね。

続きを読む »

2008年9月13日 (土)

DVD付「太王四神記 オリジナル・サウンドトラック(Vol.2)」はお買い得

Taiyoushishinki  今晩を含めていよいよ後3話となった「太王四神記」ですが、主題歌を手元に置いておきたくて、サウンドトラックを買おうと思ったんですが、すでに Vol.1 と Vo.2 の2つが出ているんですね。DVD付きが決めてとなり、「太王四神記 オリジナル・サウンドトラック Vol.2」の方にしましたが、このDVDがとてもいいです。本音をいうと、このDVDだけを売ってくれるのが、一番ありがたいです(まぁ昔からオマケというのはそういうものですが)。DVDの中身は、
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.主題歌      「タムドクのテーマ~メインテーマ~
 2.エンディング曲 「千年恋歌
 3.挿入歌      「ゆるして
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
で、ドラマの名シーンがちりばめられていますが、少年タムドクと少女キハが茶摘みのシーンでいたずらっぽい目で話すシーンがDVD全体で多用されていたのがちょっと気になりました。でも、「ゆるして」では、イ・ジアがスジニ役でなくセオ役で出ているシーンも入っており必見です。
 そういえば、6月21日に放映された「太王四神記スペシャル~ペ・ヨンジュンが語る撮影秘話~」が、Photo前回放送されなかったインタビューや未公開のオフショットを加えて、9月28日に再放送されるそうです。このスペシャル番組にも、イ・ジア出演していましたが、スジニ役とはぜんぜん違う、かといってセオ役とも違う、とても透明感の高い女優さんという感じがしました。キハ役の実力派大女優ムン・ソリの存在感が強すぎたせいか、あまり目立たなかったのが少し残念です。

【 おまけ: 韓国ドラマ関連テーマパーク情報
  ●太王四神記
  ●チャングムの誓い

続きを読む »

2008年7月 6日 (日)

"B'z The Best ULTRA Pleasure" の真っ赤なパッケージは豪華です

Bz_the_best_ultra_pleasure 結成20周年を迎えたビーズの "B'z The Best ULTRA Pleasure" 買いました。シングル3千万枚以上、アルバム4千万枚以上、通算シングル1位獲得40作以上という記録を打ち立てた B'z は、日本の音楽業界では松任谷由実、ミスチル、浜崎あゆみに並ぶ、いや、超える化け物アーティストですが、今回の30曲収録の"B'z The Best ULTRA Pleasure"は、左図のようにかなり豪華で、真っ赤なパッケージが故、部屋に置いていてもなんだか気になる存在です。
 The Fist RUN と The Second RUN という2枚から構成されていますが、個人的には The Second RUN 1曲目の「Home」、3曲目の「今夜月の見える丘に」、10曲目の「OCEAN」がお気に入りです。"B'z 20th Anniversary Special Web Site"では30曲全曲が視聴できます

続きを読む »

2008年3月29日 (土)

機動戦士ガンダム00(最終回) オーガンダムに始まり、オーガンダムで終わる

Ashlikesnow 「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」の最終回は、「意外な最終回でした」っていうか、「このシリーズ、第1弾は終わりましたが、まだまだ続きますよ、でも詳細な内緒ね」というちょっと不完全燃焼しそうな終わり方でした。刹那・F・セイエイエクシアアレハンドロ・コーナーの巨大モビルアーマーとの最終戦闘に刹那が勝利し、ほっとしたところに、ユニオンのグラハム・エーカーが、ただエクシア(刹那)と戦いたいが故に突進してきて相打ちであっけなく終わり。これでどうやって話を終わらせるのだろうと思っていたら、時代はいきなり4年後の2312年へ。ユニオン、AEU、人革連のすべての軍は「国際連邦平和維持軍」に統合されている。アレハンドロ・コーナーを裏切ったリボンズ・アルマークは何やら意味不明のことを口走り、第2弾ではあばれてくれそうな予感のみ漂わせた感じ。Stephanieプトレマイオスのチーフメカニックの"おやっさん"は星屑に隠れた秘密基地で、ガンダム開発を続けていて、そこに訪れた、ヘルメットごしでよくわからないけれど、たぶんワン・リューミンとホンロンらしき人間に秘密基地でガンダムを見せる。その機体は、第1話で刹那の子供の頃にクルジスで遭遇した、第1世代機の「オーガンダム」(初代ガンダムと顔がほぼ同じやつ)で、何がなんだかよくわからず終わってしまう。そして、最後の画面に書かれたテロップは"Mission Incomplete"。このシリーズ、続くっていうこと以外は謎のままです(案外シナリオまだできてなかったりして)。
 写真は「機動戦士ガンダム00」のオープニング主題歌の”The Brilliant Green”の「Ash Like Snow」と、エンディング主題歌の”ステファニー”の「フレンズ」のジャケット写真です。来週からこれが聞けないのがちょっとさみしいですね。

続きを読む »

2008年3月22日 (土)

テレビ版「北京バイオリン」の主題歌いいです

Pekin NHKの海外ドラマ「北京バイオリン」がいよいよ本日最終回です。すごく気に入っているオープニングテーマ曲「あなたの手を握ると」(リ・シュー)と、エンディングテーマ曲「美しい事実」(プファル)のCDは、日本では販売予定がないようですね。特に、「美しい事実」の最後のシャウトは気持ちよくて、たまらないのですが。。。
 で、なんとなく多少フィーリングでもあえばなぁと思い、映画の方の「北京ヴァイオリン」のサウンドトラックを買ってしまいましたが、主人公シャオチュンのお父さん役を演じているリュウ・ペイチーがシャオチュンを抱きしめている写真がある以外は、収録曲を含めあまりテレビ版「北京バイオリン」の雰囲気を感じさせるものはありませんでした。残念。

★後日、YouTubeで見つけたエンディングテーマ曲「美しい事実
美丽的事实-复活乐队 美しい事実―ブファル 아름다운 사실(중국어버전)-부활
美丽的事实-复活乐队 美しい事実―ブファル 아름다운 사실(중국어버전)-부활

2008年2月11日 (月)

祖父は大阪市内で蓄音機屋「廣屋華聲堂」を営んでいました

Hiroyakaseidou_2 先日、大阪の実家に帰った際に、80才になる父親に google map の航空写真を見せて、戦前に住んでいた大阪市内の家の場所を聞いていたら、「たぶん、この筋のこのあたりやなぁ」と言ったかと思うと、突然、メモ用紙に昔住んでいた家の間取り図を書き始めました。元エンジニアなので、80才になっても定規で丁寧にきっちり書いていきます。
Chikuonki  祖父が昔「蓄音機」を売っていたということは、ずうっと昔に聞いたことがあったものの、それ以上のことは、あまり父親から聞いたことがなかったので、父親が小さい時に死んだ祖父の仕事のことはあまり情報がないのだろうぐらいに思っていたのですが、メモ用紙にしっかり書かれた「廣屋華聲堂」(新字表記:広屋華声堂)という屋号とともに、間取り図の中にある「蓄音機置き場」「蓄音機修理台」「レコード棚」という文字に驚きました。
 「えっ?、お爺ちゃん、レコード屋やったんか?」 昔は、メーカーが音楽プレイヤーのハードとソフトを作り、小売りもハードとソフトの両方を扱う業態だったんですね(今ではこの業態はソニーぐらいでしょうか?)。下記の日本レコード協会の年表によると、父親が生まれた80年前の昭和2年は、日本ビクター蓄音機(株)と、日本ポリドール蓄音機商会が設立され、翌年には日本でも「電気吹き込みによるレコード」(※)が発売された蓄音機普及元年のだったようです。父親に聞いても、店にはこのページにあるようなコロンビア、ビクター、ポリドールの蓄音機が並び、ビクターの懐かしい犬が蓄音機に耳を傾けている置物があったそうです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 蓄音機の歴史 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1910.1   (株)日本蓄音機商会(現コロムビアミュージックエンタテインメント)設立
1925.4   米コロムビアとビクター、電気吹き込みによるレコード発売
1927.5   日本ポリドール蓄音機商会(現ユニヴァーサル・ミュージック)設立
1927.9   日本ビクター蓄音機(株)設立
1928      日米蓄音機製造、日本発の電気吹き込みによるレコード発売
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
電気吹き込み:レコードの溝から針で拾った振動を電気信号に変換・増幅してスピーカーで再生するタイプ ………<続きを読む>………

続きを読む »

フォトアルバム