2013年11月 3日 (日)

「ねむり時間計」1ヶ月ほど使い睡眠時間が10分ほど伸びました

1

2_3 オムロン「ねむり時間計HSL-002Cを使い始めてから1ヶ月ほどが経ちました。何でも「見える化」というのは大事ですが、利用開始から約1ヶ月で平均睡眠時間が10分ほど延びました。まあまあの成果です。仕事の忙しさやおつきあい等により睡眠時間は変化しますが、短い睡眠時間の日が続くとそれが数字ではっきりするので、自然と”今日は少し早く寝よう”という気になります。歩数計で運動不足を把握したり、レコーディング・ダイエットでカロリーオーバーを把握するのと同じ効果です。

 実は30代後半から40代前半の創業期の会社にいた頃に、ウィークデーの睡眠時間が1日数時間程度の期間が続き、いつの間にかショートスリーパーになったような気がします。専門家は睡眠時間の長短は遺伝子で決まっているようなことを言いますが、個人的にはほんとうにそうなの?と少し疑ってます。今は昔と違い、平均5時間前後は寝ていて、寝つきもよく、深く寝ている方だと思うのですが、もういい年なのでもう少し体にも気をつけた方がいいかなと思い初め、最近、睡眠時間を見える化する目的で「ねむり時間計」を買いました。

3_2 4_2 5_3

 この「ねむり時間計」を枕の横あたりに置いて寝ると、機器の中にある加速度センサーが体の動きが検知し、入眠時間や眠りの深さが記録されるらしいです。その記録をスマートフォンへブルートゥースの無線通信でアップロードし(私の場合はiPhone5sへ)、1日、1週間、1ヶ月の切り口のわかりやすいグラフで確認します(この記事の一番下の動画を見ると操作性がよくわかると思います)。

6_2

 1週間のデータ(睡眠時間、寝つき時間、就寝・起床時間、起床にかかった時間)は、9種類の動物の名前をつけた”ねむりタイプ”に分類され、ねむりに関する簡単なアドバイスが出てきます。ちなみに、私はずっと夜更かしの「フクロウ・タイプ」です。

7_2

 この「ねむり時間計」のもう一ついいところは「ソフトウェア制御のインテリジェント目覚まし」である点であす。アラームは3パタン設定できて、その設定をスマートフォンへの無線通信により設定できます。私の場合、ウィークデーの2パタンとウィークエンドの1パタンの3パタンでアラームを使い分けています。アラームを鳴らす時間は、睡眠データを利用して希望起床時間近傍で起きやすそうな時間か、普通の目覚ましのように絶対時刻で設定でき、かつ、アラーム音量やスヌーズ間隔や鳴っている時間もパタン別に変更できます。今時のハイテク時代、目覚まし時計はこういう風にきめ細やかな設定ができるべきだと思います。

 この種の機器設定をすべてスマートフォンに追い出した結果、機器のボタン類がものすごくすっきりしていて持ちやすく、ふとんの上においていても全然違和感がない、とてもいいデザインになっています。



2008年11月24日 (月)

CDCのインフルエンザ予防局長「ナンシー・コックス」さんと、鳥インフルエンザ・ウィルス地図

H5n1 先日、「Google Flu Trends」が、インフルエンザ関連ワードの検索傾向とCDC(アメリカ疾病予防管理センター)のインフルエンザ流行データの相関関係から、インフルエンザの流行を予想するという記事を書きましたが、ちょうどこの週末に、NHKの「未来への提言」に、CDCのインフルエンザ予防局長を16年にわたって務めている、ウイルス学者のナンシー・コックスさんが出演し、パンデミックが心配されれている新型インフルエンザの現状と対策について答えていました。インタビューに答えているナンシー・コックスさんは60歳のおばちゃんとは思えないぐらいチャーミングでバイタリティのある人で、2006年のタイム誌でも「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた人だそうです。
 病原体「H5N1ウイルス」が更に変異を起こし、人から人に感染する新型インフルエンザとなった場合、パンデミックによって、日本で64万人、世界全体で1億人が犠牲となるという予測もあるそうですが、実際にH5N1がどこで発見されたかという地図が、米政府の「パンデミック」公式サイトにありました。野生の鳥が感染したところ、家禽と野生の鳥が感染したところ、人に感染したところの3つで記載されています。
 今までもスペイン風邪など歴史上、パンデミックは何度かあったものの、その致死率は数%以下のものだったが、H5N1については人への感染例が少ないものの致死率が5割を超えているという数字が不気味でした。したがって、上記の日本で64万人の死者というのもかなりひかえめな致死率を前提にしている可能性があるというナレーションにはぞっとしました。

続きを読む »

2008年11月16日 (日)

インフルエンザ関連ワードの検索数からインフルエンザの流行を予想する「Google Flu Trends」

Google_flu_trends_2 11/11に公開された米Googleの「Google Flu Trends」は、アメリカ疾病予防管理センター(CDC: the U.S. Centers for Disease Control and Prevention)の過去のインフルエンザ流行データと、googleでのインフルエンザ関連キーワードの検索数に相関性があることを利用して、インフルエンザの流行を予想するものです。
Google_flu_trends_1 実際に Google Flu Trends のサイトに行くと、州別にインフルエンザの流行具合が色分け表示されています。また、過去5年間での Google でのインフルエンザ関連ワード検索トレンドとCDCが集計した実際のインフルエンザ流行データに強い相関があることがわかります。CDCでの集計から発表までは、通常2週間程度かかるようなので、検索に基づくインフルエンザ流行予測がタイムリーに出れば、迅速な備えができるかもしれません。 Google公式ブログでは、このように予測できればパンデミック時には、より有効に活用されることを示唆しています。
 このサービスを見て2つのことを感じました。一つは、多くの人が活用する検索ワード履歴と過去蓄積されている各種統計データの相関を見て、相関性の高いものが抽出されれば、まだまだ同様の予測サービスが出てきそうだなということ。もう一つは、従来の集計データは使う際には少し古いデータになっていて、必ずしも一般人が有効活用することができないことも多いですが、今回のようなリGoogle_flu_trends_3アルタイムな予測データの形で広く情報提供できれば、従来型統計データがより多くの人に活きた形で活用される可能性があるということです。

2008年6月30日 (月)

かぜ薬で風邪は直らないんですね

 ちょっとたちの悪い風邪をひいてしまい、直るまで2週間以上かかってしまいました。この期間中にあった株主総会では、ほんとうにひどい声で昨年度の事業報告をすることになってしまいました。
 市販の薬も医者の薬も効かないので、あれこれ検索してみたところ、この年になって初めて「かぜ薬は、風邪の諸症状を緩和するだけで、かぜを直すわけではない」という重大な事実に気がつきました。知っている人には当たり前なのでしょうが、結構目から鱗でした。「風邪を治すのは免疫」であって、「風邪薬はウィルスや細菌を退治するものはなく、症状を抑えることで風邪が治っているように錯覚させるもの」だということがわかりました(このブログの説明がよくわかりました)。
 それがわかってからは、無理をせずにおとなしく、睡眠と食事に心がけ、なんとか風邪を治すことができました。めでたし。

続きを読む »

2007年12月23日 (日)

Wii Fit のジョギングではバランスWiiボードは使いません

Wiijogging Wii Fit の有酸素運動のトレーニングの中に「ジョギング」があり、バーチャルな”ウィフィ島”の中をジョギングするのですが、ジョギングはバランスWiiボードの上では行わず、Wiiリモコンをポケットに入れて、リモコンが上下に振動することにより部屋の中で走っていることを認識します。部屋の中でただジョギングの真似をしろと言われてもむなしいですが、テレビの画面で風景が変わっていき、トレーナーに励まされながら走る真似をすると、ほんとうにジョギングしているような気になり、意外と気持ちがいいです。視覚というのは、ほんとうに大事ですね。この振動で走るペースをモニターするというやり方は、ある意味でリアルタイム万歩計みたいなもんで、そのうち「ジョッギング」だけでなく、野原を気持ちよく「ウォーキング」みたいなものも出てくるかもしれません。このリモコンの使い方、結構目から鱗でした。ちょっと長いですが、”ウィフィ島”を一回りする様子をYouTubeの動画でアップしておきます(スキージャンプで失敗した時に雪だるまになる映像もおまけでアップしておきます)。………<続きを読む>………

続きを読む »

2007年12月 9日 (日)

"Wii Fit"の「からだ測定」「トレーニング」は長続きする仕組みがいっぱい

BmiCal  Wiiフィットの「からだ測定」はグラフィカルな体重計というのが、どうして今までなかったのかと思うぐらい目から鱗な感じがします。単に測定するというのではなく、ゴールを明確化してそこに向かって、励まされながら、健康うんちくを聞かされながら、毎日続けられるしくみが、Wii Fit にはたくさん実装されています。一つは似顔絵キャラクター(Mii)に対応で、私のように自分風キャラを作ってWiiスポーツなどで楽しんでいる人が多いと思いますが、このキャラがそのままこのソフトでも使えます。また、 運動貯金が貯まると新しいトレーニングやゲームが増えたり、Stampトレーニング日に自分でハンコを押したり、ゲームの各所で励まされる感じは、Sum_2 NITENDO DS の脳トレゲーム「脳を鍛える大人のDSトレーニング」とよく似ています(脳トレに似た体トレという表現もおかしな表現ですが)。
 Wii Fit の「からだ測定」には、「体重測定→BMI計算」以外に「バランス測定」が複数の方法で用意されており、日々の各種「トレーニング」の結果がここに結果として出てきますが、Juushin下記のYouTubeの動画に例を示したように、「バランス年齢」の結果はドラマチックに盛り上げられた結果、ばっさりシビアな数字で表現されますので、たいていはトレーニングを続けなきゃという気になります。………<続きを読む>………

続きを読む »

「板です」のCMの"Wii Fit"の「バランスWiiボード」にはケーブルがなく、本体とは無線通信

Wii_fitPackage   発売日前から新橋駅で毎日見ていた「Wiiフィット」のポスターが気になっていたのですが、先週土曜日の発売日にたまたま見ていたTBSの「王様のブランチ」内のWii Fitの紹介コーナーで目がくぎ付けになり、そのままAmazonへ直行&購入。週中に届いていたのですが、週末になり、ようやく遊ぶ時間ができました。
Ura  「板です」というには結構重い3.5キロの「バランスWiiボード」ですが、SizeWii Fit のパッケージの箱はよくできていて、箱を開けると箱のフタに、黄色の目立つ紙で、板が壊れないようにどのように引き出すかの図面があります。また、故障時にすぐにこの箱に入れてサービスセンターに戻せるような、いくつかの配慮が見て取れます。Amazon また、すぐに遊び始められるように、単3電池4本がついているのも満足度が高いです(最近の任天堂の製品であれば流通在庫がないので、こういうことができるんでしょうねぇ)。後、体重は136キロ以下の人が対象だということが目立つようにパッケージに書かれていました。………<続きを読む>………

続きを読む »

2007年12月 1日 (土)

パソコンとUSB接続できる万歩計と無線通信できるクレイジーな「オムロン カラダスキャン HBF-354IT-2」

OmoteHadle  パソコンとUSBで接続できる万歩計「オムロン Walking syle HJ-710IT」は、三日坊主の私がはじめて半年以上続けている健康機器で、グラフ化してビジュアル管理することで長く続くことを改めて感じていたところに、最近の厚生労働省の食生活改善普及運動のせいか「メタボリックシンドローム」が再度フォーカスされ、Manpokeiその類の情報発信が増えていた環境の中、万歩計のオプション商品の「オムロン 体重体組成計カラダスキャン HBF-354IT-2」を衝動買いしてしまいました(オプション商品の方が大きいのが笑えます)。
Tool このカラダスキャンでは、体重、個別基礎代謝、筋肉率、体脂肪率、BMI判定、内臓脂肪レベル、Tool2体年齢が測定できますが、一番続けるモチベーションになっているのは「体年齢」という数字ですね。体組成データは本体のディスプレイでももちろん見られるわけですが、カラダスキャンから万歩計にデータを転送することでパソコン上にある万歩計データの管理ソフトで「グラフ」や「チャート」でわかりやすく表示されます。………<続きを読む>………

続きを読む »

2007年9月10日 (月)

カゴメ「百年品質」トマトジュースを30缶買う

Kagome  カゴメの「百年品質」トマトジュースを30缶のケースで買って毎日飲んでますが、風呂上がりに冷えたのをぐっと飲むと、なかなかおいしいです。「百年」というのは、カゴメが創業百年目を記念して開発したというだけあって、食塩・砂糖なしの完熟トマトだけでできているにしては味が調ってます。あまり冷やさずに飲むと、直感がさらっとし過ぎてイマイチですが、よく冷やすとややどろっとするのでちょうどよいです。特に、パッケージが凄くおいしそうなので子供たちが缶を空けるのですが、「お父さん、後、飲んでくれない?」と必ず言います。子供には不評のようですね。昔は疲れたなぁと思ったら、トマトジュースにレモンを1個まるまる搾って加え、目一杯氷を入れて飲んでました。目が覚めそうな感じでしょ。

2007年4月29日 (日)

グラフ化一発で、やる気が続く万歩計「オムロン Walking style HJ-710IT」

Walkingsylesize_2Bilink 最近、体脂肪を計測したのがきっかけで万歩計を購入しました(笑)。私の場合、ブログのように数年間続いているものもあれば、三日坊主のものも結構多く極端なので、何か続ける気のなる万歩計にしようと思い、オムロンの「ネットワーク管理型歩数計 HJ-710IT」にしました。Walkingsyleusb
 万歩計の本体にUSBインタフェースがあり、パソコンとケーブルで接続して、アプリケーションソフトのボタン一発でアップロードとグラフ化ができるようになっています。 14日分は本体メモリに日別時間別に記録されているので、思い出した時にパソコンに接続してアップするだけで、年間・月間・週間・日間のグラフになります。目標設定をすればグラフ上にいっしょに表示されると同時に、進捗状況がパーセンテージ表示などで表示されます。予算管理と同じくビジュアル化がポイントですね(笑)。………<続きを読む>………

続きを読む »

フォトアルバム